ケーク シュクレ&ケーク サレ -パティスリーとカフェ10店のケーク・バリエーション53-

  • 14人登録
  • 1レビュー
制作 : 柴田書店 
  • 柴田書店 (2014年9月16日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (144ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784388061990

ケーク シュクレ&ケーク サレ -パティスリーとカフェ10店のケーク・バリエーション53-の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 目次:ケークの基本とアレンジのこつ、ケーク53品の断面を拝見、ケークづくりをはじめる前に、CAKES SUCRES ケーク シュクレ、CAKE SALES ケーク サレ、ケーク,10通りのアプローチ、おもな材料・風味別索引

全1件中 1 - 1件を表示

ケーク シュクレ&ケーク サレ -パティスリーとカフェ10店のケーク・バリエーション53-の作品紹介

「ケーク」とは、一般的にはパウンドケーキ型で焼くバターケーキのこと。
小麦粉、砂糖、バター、卵を混ぜて焼くだけのシンプルなケークは、焼き菓子の定番中の定番で、
家庭菓子の代表的なものです。ところが最近、そのケークのイメージが変わりつつあります。
細身の型で焼きあげたモダンなスタイルだったり、ナッツやドライフルーツをいっぱいに飾った、
生菓子のように華やかな姿だったりと、パティスリーやカフェでは、素材の組合せ、デコレーションなどに
工夫を凝らした、魅力的なケークが多く見かけるようになりました。

本書では、伝統的なスタイルから、従来のイメージをくつがえす新感覚のものまで、さまざまなケークを紹介。
また、後半は徐々に認知度を高めている「ケーク サレ」のレシピも収録。「サレ」は、フランス語で「塩味」の意味。
食事やちょっとしたおつまみにもなる塩味のケークは、パティスリーやカフェの新メニューとして、
注目度が高まっています。

取材店は10店で、掲載商品は53品。いずれも、職人の個性が光るケークばかり。
パティスリー ユウササゲ/パティスリー ・ドゥ ・シェフ ・フジウ/ノリエット/メゾン・ド・プティフール/アカシエエイミーズ・ベイクショップ/リベルターブル/ノアケ トウキョウ/キシュ キシュ/カフェ・ド・ヴェルサイユ

ツイートする