パン「こつ」の科学―パン作りの疑問に答える

  • 238人登録
  • 3.79評価
    • (28)
    • (16)
    • (39)
    • (2)
    • (1)
  • 23レビュー
著者 : 吉野精一
  • 柴田書店 (2009年10月6日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784388251025

パン「こつ」の科学―パン作りの疑問に答えるの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 素晴らしい解説だと思う。でもわたしのスキルがついていかない。

  • 何気に作ってきたパンに疑問すらなかった頃
    これを読んでなんだか納得してしまった。

    家庭パンを作っていると
    教えてくれるチャンスがないので
    これはいい手引書になると思う。
    でも、
    これは中級かな。
    もう少し上のレベルまでの手引書があれば私は嬉しいのだけど。

  • とにかく、全国産業教育フェアというのが地元であるから生徒を指導して何か展示物をつくらせなさいと言われた。シュガークラフトとパン焼きと栗まんじゅう作ってる生徒も…と、とにかく本を買いまくって、いろんな飾ることができるものを検討した。その時の本の一冊。
    シュガークラフトとか、教えに来てもらって、本も道具も全部自腹だった…。

  • パン作りをそこそこやったあとで、本を開いてみると
    頭にするすると入ってきます^^とても親切な本

  • ある程度パン焼きになれて、ちょっと壁にぶつかる中級者向け。これは何度も読み返して勉強してます。

  • パンがどうしてふくれるのか?など疑問に思っていたことが書いてある本 面白いが、細かい字ばっかりなので手軽にパン作りしたい人には不向きな本。

  • 豆乳きなこパンを作る時に、購入した本です。
    「こつ」の科学シリーズのパン編です。
    パン製造の方、何か疑問がある時や、時間のある時にチラ読みしてくださいね!

  • パン作り初心者にはお勧め出来ません。
    なぜならば非常にオタッキーな内容だからです。
    何度もパン作りをし、色んな壁にぶつかっている方にはお勧めです。
    今まで何気なくやっていたこと、どうしてこういう肯定を辿るのかなど、様々な「なるほど~」が沢山。
    読み物として非常に面白いです。
    パンの世界にどっぷりハマってしまっている方はぜひ読んでみてください。
    一歩先に進めるはずです。

  • 小麦の性質、パン材料の特性など、科学面からしっかり解説している教科書。
    疑問に思っていたことが氷解するわかりやすさ。
    パンに少しでも興味がある人なら必読。レシピを見る目ががらっと変わります。

  • パン作りの良い参考になった。一般的なパン作りレシピからは省略されがちな話がしっかりと入っている。本書に記載されている理屈を理解していれば、パン作りの状況が変化した際に臨機応変に対応できるようになりそうだ。

全23件中 1 - 10件を表示

吉野精一の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
前田 京子
島津 睦子
有効な右矢印 無効な右矢印

パン「こつ」の科学―パン作りの疑問に答えるを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

パン「こつ」の科学―パン作りの疑問に答えるはこんな本です

ツイートする