ペスタロッチ (Century Books―人と思想)

  • 11人登録
  • 3.00評価
    • (0)
    • (1)
    • (2)
    • (1)
    • (0)
  • 3レビュー
  • 清水書院 (1991年11月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784389411053

ペスタロッチ (Century Books―人と思想)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  •  「この学校の教育理念は、まさにペスタロッチの労作教育である。」

     私が勤めていた学校の大先輩がよく言っていた言葉だ。「ペスタロッチ? 名前は聞いたことあるな。」「ろうさきょういく? どんな字かくの?」といった程度の認識だった私は、「君は、ペスタロッチのことはどう思うかね?」などと聞かれないように、下を向いているしかなかったことは言うまでもない。

     あれからもう4年近く過ぎようとしている。今やっと、そのペスタロッチについて、ほんのちょっとだけ近づく機会をもつことができた。時、すでに遅し。

     ただ、私の読んだ感じで言えば、労作という言葉は1回しか出てこなかったように思う。道はまだ遠い。今度は「隠者の夕暮」を読んでみたい。いつになるやら。

  • @YOUKI_NA_YOUNGさん

    今年初めに読んだ本は「ペスタロッチ」(清水書院) でした。大学の課題の本で期限がせまっていたため必死でした。笑 一冊目がそれというのは自分でも情けなく思います。笑

  • どのような時代をどのように生きたのかという出来事が中心で、ペスタロッチの教育とは?という疑問の答えとしては、形、数、語による直観教育という程度の内容不明なものになった。
    09-93

全3件中 1 - 3件を表示

長尾十三二の作品

ペスタロッチ (Century Books―人と思想)を本棚に登録しているひと

ペスタロッチ (Century Books―人と思想)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ペスタロッチ (Century Books―人と思想)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ペスタロッチ (Century Books―人と思想)はこんな本です

ペスタロッチ (Century Books―人と思想)の単行本

ツイートする