菊と刀―日本文化の型 (現代教養文庫 A 501)

  • 365人登録
  • 3.29評価
    • (11)
    • (24)
    • (74)
    • (6)
    • (3)
  • 40レビュー
制作 : 長谷川 松治 
  • 社会思想社 (1967年3月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (375ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784390105002

菊と刀―日本文化の型 (現代教養文庫 A 501)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 「もう一度視点を変えて学ぶ日本史」と副題をつけたくなる本。古代から戦後まで広く日本人の精神性を扱っていて深くから日本人を理解できる(ところどころ誤解と思われる場所もあるけれど)
    アメリカ人類学者の視点から見た日本人ということで、暗黙の価値観が掘り起こされるという構図がなんだか新鮮かつ少し居心地が悪かった。
     「義理」「忠孝」「身分」などいざ説明を求められたら返答に困るだろうテーマを扱っていた。海外に出る前に自分=日本人がどのように見られているのかということを知っておくためにも読んでおくべき本だといえる。
     「刀」はともかく何故「菊」がタイトルにつけられているのが本文を読んで分かったときには、少し爽快な気分になれるかも知れない。

  • 読んだのは第63刷。長いとても長い,この程度で長いとか言うなとか言われそうだが,普段から漫画しか読まないんだから長いもんは長い。戦時中の敵国である日本を日本人を知るために研究した内容で,アメリカの文化人類学者による有名な著書である。
    著者は日本に一度も訪れたことがなく,様々な文献や日本移民からの聞き取りなどで日本文化を紐解いたようで,それはないんじゃないかなぁ的なけったいな解釈もあれば(とはいえ現代の人間であり文化人類学も知らなければ歴史も詳しくない筆者にはけったいな解釈であるかどうかも分からないのだが……),的を射ている解釈もあるのでうなる。
    様々な“道”にみられるように,日本人はとても精神性を大事にしているように思える。最近ではその道を外れることも多いようだが,やはり精神論は根強い。
    義理や人情については……最近はそれほどでもないのではないかと,いや,人情は失ったまま義理は大事にするようでもある。義務については相変わらず大好きなようだが。
    アメリカが危惧した,降伏を受諾した日本の占領後の反発だが,予想に反しそれを全く受け付ける国及び国民に驚いたという,にわかに信じがたい彼らの言動行動にたいそう訝しがったようだが,そういうもんだと納得したとか。太古の昔より外部より新しいものを取り込み自分たちの中で消化し自分たちのモノにするのが得意だったからではなかろうかと思う。
    読む限りでは当時の日本人観から今の日本人はそう遠くかけ離れていはいないように思う,ちょっと否定できない面も多い。特にネトウヨと呼ばれる人のの中には悪い面だけが生き残り続けているような,そんな感想を持った。
    出来れば天皇制や時の権力者たちを徹底的に排除してくれていたら,今の馬鹿な日本にはなってなかったのではないか,とさえ思う。

  • 所々、間違った方向へ展開していっている部分もあるけれど、おおむね興味深い内容だった。
    戦後すぐぐらいまでの日本人的思考が良く考察されていると思う。恩や義理について、そこまで深く追求してみたことは無かったけれど、言われてみれば確かにそうだ、と首肯する内容だった。
    日本人として日本で生きていると、日本人的思考を当たり前のものとしてしまう傾向があるけれど、世界を見渡せば、日本人的思考は奇異でしかない文化もあるわけで、それは逆に、日本人にとって奇異に映る文化もあり、その差異を確認して、言葉で理解するよう努めることは大切なことだと思った。

  • 久しぶりに長い、とにかく長い、果てしなく長い本であった。

    文庫本サイズで400ページだからまあすぐ読めるだろと思って手にとってみたのだが内容が非常に濃かったためになかなかの文量に感じてしまった。

    元々、第二次世界大戦中にアメリカが「終戦後の日本統治の方法を考える」ということで文化人類学者に日本人・日本研究をさせたことが発端となって生まれた本書。俺個人の印象だが、天皇の戦争責任を問わなかったという歴史上実はものすごい出来事に対して大いにこの研究が参考にされたのではないかと思う。

    以下、読んでいて面白かったところ

    ・アメリカが物質の国であるのに対し、日本は精神の国である。アメリカとの圧倒的な物量差があったのに、戦争しかけてきたことに対する日本人一般の考えは「物量差が凄いのは前からわかってたこと。そんなの言い訳にならん。日本男子たる者、気合と根性があれば物量差なんてどうにでもなるでしょ?」筆者いわく「こんなことを割りとマジで日本人が本気で考えていたってことが凄い」

    ・自らの命を賭してまでアメリカと戦ったのに、終戦後は普通に笑顔でアメリカ人を迎えるという変わり身の速さ。基本天皇の言うことなら何でも聞くというスタンスで良くも悪くも主体性皆無。アメリカ兵いわく「歓迎されすぎてなんか逆に怖い」

    ・恩とか義理とか義務とかめっちゃ尊重する。恩に対する義理のために死ぬとかアメリカじゃ考えられん。

    ・日本人どいつもこいつも手淫し過ぎ。マジ、こいつら週平均何回手淫してんだよってくらい手淫してる。日本人の手淫のレパートリーと手淫専用道具の豊富さは西洋諸国とは比較にならない。

    ・アメリカは子供の頃のしつけが厳しくて、大人になるにつれて自由度が増していき、また老人になると若人にその座を譲らなくちゃいけないという社会だが、日本では子供時代と老人時代が人生における自由さが最高に達し、青年・中年時代が恩・義理・義務にがんじがらめにされて全く自由がないという珍しい社会。

    これに対する学者(日本人)の解説文
    第二次世界大戦中、日本は自国にとって都合の良い情報だけを流し、「鬼畜米英」なんて小学生並みの悪口言いながらアメリカと戦っていたのと同時期に、アメリカでは「対日戦はまあ勝つとして、どうやって統治するのが日本人気質・日本文化を考えた時に有効か」ということをここまで深く研究して考えていた。この圧倒的な考え方の差について日本人はもっと自分たちの言動を見つめなおさなくてはならない(戒め)

    結構難しい部分も多々あったが、上記に書いてあるとおり、戦後すぐに出版したとは思えないくらい(確か『菊と刀』が出たのは1947年)、日本社会・日本文化・日本人というものを鋭く捉えていて、今の日本人にもほぼほぼ当てはまるという凄さ。

    ちなみに筆者ベネディクトは生涯で一度も日本を訪れたことはない(驚愕)

  • 大学の時の何かの講義で使用された本。なかなか興味深く、日本を褒め称えた本であった気がしたけど内容は忘れてしまった。

  • 日本人は 他人の思惑と自己の体面に重点を置き
    恥 という感情により
    生活や行動様式が支配されるので、
    日本の文化を 恥の文化と 特色づけた。

    西欧文化は キリスト教に起源をもち
    内面的良心を重んじ
    罪の自覚に基づいているとし、
    罪の文化と呼んだ。

    基準、活力の原点が そもそも 違うのだ。

  • この本は1947年に出版された代物だから、失われた日本文化を知る古典と位置付けて良いであろう。外国人が書いた本であるので、客観的に日本を記述できているのではなかろうか。しかし、60年たった現代からの視点で読むと、いかに戦後日本がアメリカ化されたということがよくわかる。風呂に入る時に公衆の面前で裸であっても気にしなかったというのは驚いたが、失われた再評価しても良い日本文化の美徳というのもあるのではないだろうか。

  • アメリカ学の授業で読んだ。
    この時代にこれだけの分析が出来ているのがなかなか面白い。
    天皇制のことや日本人の習慣・国民性について議論した。
    当時の日本だけでなくアメリカのことも読み取ることができて興味深かった。

  • 義理は、中国の儒教、東洋の仏教からきたものではない、ではこの日本特有の考えはどこから来たのか?

    日本は物質的環境に対する精神の優位を門司通りに解していた。例:日の丸特攻隊、戦いにおいては精神は死という自然的事実にすら打ち勝つ。

    日本人は従来、常に何かしらの巧妙な方法をして、極力直接

  • 古典的名著には変わりないけど、もうちょっと古いかな。

全40件中 1 - 10件を表示

ルース・ベネディクトの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
谷崎 潤一郎
ドストエフスキー
ヘルマン ヘッセ
フランツ・カフカ
三島 由紀夫
三島 由紀夫
ヘミングウェイ
宮部 みゆき
デール カーネギ...
有効な右矢印 無効な右矢印

菊と刀―日本文化の型 (現代教養文庫 A 501)に関連する談話室の質問

菊と刀―日本文化の型 (現代教養文庫 A 501)に関連するまとめ

菊と刀―日本文化の型 (現代教養文庫 A 501)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ツイートする