禅のはなし―二つの月 (現代教養文庫)

  • 19人登録
  • 3.75評価
    • (1)
    • (1)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 佐藤俊明
制作 : 井上 球二 
  • 社会思想社 (1990年10月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (237ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784390113601

禅のはなし―二つの月 (現代教養文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 日本的霊性からの「禅の話」。禅宗で大切にされていることがわかりやすい寓話で示されている。「修行と悟りは不二一体」「他人でなく自分、あとでなく今」「鐘をつくのは御仏をつきだすこと」「二つの月」「盗人に 取り残されし 窓の月」「寒熱の 地獄に通う 茶柄杓は 心なければ 苦しくもなし」「頂戴しなくちゃならんものは、頂戴するようにできている」「主客融合」「到は不到を含む」「浜までは 海女も蓑着る 時雨かな」「地獄の食事と極楽の食事」。うん、読んでよかった。

  • 絵付きでわかりやすい
    話も面白いものが多く、そこから禅の本質を学べる

全3件中 1 - 3件を表示

佐藤俊明の作品

禅のはなし―二つの月 (現代教養文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

禅のはなし―二つの月 (現代教養文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

禅のはなし―二つの月 (現代教養文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

禅のはなし―二つの月 (現代教養文庫)はこんな本です

ツイートする