ヒピラくん

  • 57人登録
  • 3.74評価
    • (11)
    • (4)
    • (20)
    • (0)
    • (0)
  • 13レビュー
著者 : 大友克洋
制作 : 木村 真二 
  • 主婦と生活社 (2002年9月発売)
  • Amazon.co.jp ・本
  • / ISBN・EAN: 9784391126907

ヒピラくんの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 色の塗り方がすき。

    無邪気だけど怪しい世界観

  • ケストナー全集を引っ張り出してきたらついでにコレも出てきました。そういえばずいぶん昔に買って読まずに置いておいた本でした。と、言うわけで読んでみました。

    可愛い絵で可愛いお話ですね。これからも続きそうな感じです。色が綺麗でいいなあ、と思いました。どうでもよいのですがビビラ君だと思ってました。

  • 吸血鬼の町サルタに住む男の子・ヒピラくん。
    とにかく絵がかわいい。
    そしてよく見ると大友克洋!

  • (2010-09-12)

  • ※Amazonリンク先は原作(DVDは出ていないようだ),2月の中旬頃、たまたまつけたテレビでヒピラくんというアニメがやっていた。本当は何か映画をみるつもりだったんだけども、あまりにも絵柄がかわいくて好みだったのでそのまま見ていた。,ストーリーは5分?10分程度のもので、それが連続して1時間にわたって放送された。,とにかく背景の描き込みがハンパない。細かいところまでよくよく描きこまれていて、まるで絵本のページがそのまま動いているかのよう。,お話は単純明快。主人公のヒピラがあちこちにいって悪戯したり誰かに会ったり助けたり、とにかく好奇心旺盛で何にでも興味深々。こどもってこうなんだよね。見習いたいわぁ…,お話によって毎回かわるエンディングの映像も楽しい。あのチラシほしいなぁ…(-ω-*),お気に入りキャラは野バラの精。かわゆす。,,さて監督さんはだれかなあーと思ったら、, >>おはなし・大友克洋/え・木村真二,はぁなるほど納得。

  • 大友克洋作、木村真二絵との事で思わず買ってしまった。四歳には、まだ難しいかなと思っていたが意外と食い付きが良かった。吸血鬼のヒピラくんとソウルくんの2人のサルタというまちのお話しです。

  • 2010年1月31日

  • 絵本って言うよりも漫画みたい。少し不気味で、それでも可愛い世界観がなんとも言えない。
    とっても面白くて素敵な内容だった!!モロ好み!!

  • 本屋で何気なく手に取って開いたんだけど、
    色使いがモロ好みすぎてびっくりしました。
    緑と青と黄色の使い方が、神過ぎだ。

  • 吸血鬼だけが住む町に住む、吸血鬼の子供「ヒピラ」君。お話が「○○の巻」というふうに、いくつかの短編に分かれていて(雑誌「ね〜ね〜」に連載されていたからですね)、ひとつひとつのお話にワクワクしたり、笑ったり。絵も、個性的で精密で、気に入りました。ヒピラ君がとっても表情豊かで、吸血鬼だけど「子供らしい」感じがして、友達になりたくなっちゃう。

全13件中 1 - 10件を表示

大友克洋の作品

ヒピラくんを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ヒピラくんはこんな本です

ヒピラくんの単行本

ツイートする