体内時計

  • 33人登録
  • 3.35評価
    • (2)
    • (5)
    • (11)
    • (2)
    • (0)
  • 7レビュー
著者 : 寺島しのぶ
  • 主婦と生活社 (2003年12月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (198ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784391128840

体内時計の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 読了後に、出演作を見返しました。
    彼女が多く演じる役、”本当の愛を探し求める女性”は、母や家庭環境からの影響や、役者になりたいという熱い思いから、にじみ出てきているのかなあと思いました。

  • 女優になりたい!その強い気持ちにひどく共感。私は女優志望じゃないけれど。

  • 10.4.29~10.5.1

  • 梨園に生まれた女の子は多かれ少なかれ彼女と同じような思いをしているとかと思うと、今更ながらに梨園の大変さを感じる

  • 菊之助さんのことも書かれていると聞いて読みました。
    姉弟仲の良さが微笑ましい。また菊之助さん初め、菊五郎さん、富司純子さんのひたむきさが伝わってきてしみじみする。
    何より、寺島しのぶさんの生き方や考え方には共感できるものもあって、彼女の芝居にも興味を持った。
    何か、姐御って感じの方かも。
    ただ、寺嶋家の朝食は、私には無理かも。

  • もっと赤裸々に書いてあるのかなーと思ってただけに、ちょっと残念だった。
    でも、歌舞伎の家に女として生まれたことについて色々書かれてて興味深かったかな。歌舞伎って見たことないけど。

  • 寺島しのぶという人は一筋縄では行きません。それが芸の肥やしとなって、名演技を生んでいるのがよ〜く分かる一冊。お友達になりたいな、と思いました。

全7件中 1 - 7件を表示

寺島しのぶの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

体内時計の作品紹介

わたしってなに?梨園に生まれ、疎外感の中で自分の居場所を探しつづけたひとりの女優の物語。

体内時計の文庫

ツイートする