スープの本

  • 77人登録
  • 3.71評価
    • (7)
    • (8)
    • (16)
    • (0)
    • (0)
  • 12レビュー
著者 : 南風食堂
  • 主婦と生活社 (2006年12月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (77ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784391132946

スープの本の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  •  スープのレシピと写真の本。でも「物語」が立ち上がってます。小岩里佳と三原寛子という二人の料理ユニット「南風食堂」の表現力にわくわくします。わたしは「きゅうりとディルの冷たいスープ」と「シュリンプガンボ」を食べたいなと思いました。インドにはきゅうりとヨーグルトを使ったサラダがありヒントに……、ガンボ(オクラ)とえびとトマトの組み合わせはアメリカ南部のおふくろの味、とか語りも豊か。
     「食」と情景をうまくマッチングさせたユニークな絵本仕立てです。

  • やさしい味。

  • 編集がすき。

  • ポタージュのようなサイドメニューから、ポトフやシチュー、ミネストローネ、麺類などなどメインになりそうなものまで幅広い。巻末には、スープストックの作り方が掲載。

  • スープの本

  • 簡単で美味しいのだけれど、普通のスーパーで売ってない材料が多いのが難点です。

  • おいしそう !だし かわいい

  • 何かの雑誌で見かけて気になっているユニット「南風食堂」の本。
    美味しそうなスープがたくさん。

  • 2007.3/8
     スープの写真がどれもおいしそうだったのでおもわず購入。全部作ってみたい。

  • 載っているスープの美味しそうなのも素晴らしいけれど、本の手触り、紙の質感がとても素敵。ページをめくるだけで少しシアワセになってしまう。

全12件中 1 - 10件を表示

南風食堂の作品

スープの本を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

スープの本の作品紹介

いい匂いがして、土の、自然の、素材のいのちがその中に溶け込んでいるのがわかる。スプーンを口に運ぶころには、ちょっと顔が笑ってしまう-スープの幸せを届けてくれる、40のレシピと物語。それは、料理ユニット「南風食堂」の、スープをめぐる旅。

スープの本はこんな本です

ツイートする