頭のよい子の家にはなぜホワイトボードがあるのか

  • 40人登録
  • 3.00評価
    • (0)
    • (3)
    • (7)
    • (1)
    • (1)
  • 5レビュー
著者 : 四十万靖
  • 主婦と生活社 (2007年6月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (191ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784391134582

頭のよい子の家にはなぜホワイトボードがあるのかの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 子育てが思いきり楽しめる空間「3X」
    Explore:探求
    Exchange:共有
    Express:表現

  • 頭の良い子の本棚の方がためになったな

  • 最近よく、子供はリビングで勉強させると良いと言われているが、どういう事が根拠になっているのかが、わかった。共有する空間の中で、コミュニケーションを築く事は、非常に大切であり、その手段として、話す、書くはもちろん、子供に、家の中で母親の働く姿を見せるというのも、ポイント大である。そして、父親には、いざという時の逃げ場、隠れ家的存在でいて欲しい。我が家にも、大きなホワイトボードをおいて、学習面や他の生活面でのコミュニケーションを築くきっかけを作りたいと思った。

  • 2007.8.11読了

全5件中 1 - 5件を表示

四十万靖の作品

頭のよい子の家にはなぜホワイトボードがあるのかを本棚に「積読」で登録しているひと

頭のよい子の家にはなぜホワイトボードがあるのかはこんな本です

ツイートする