常備菜

  • 759人登録
  • 3.97評価
    • (49)
    • (50)
    • (40)
    • (7)
    • (0)
  • 54レビュー
著者 : 飛田和緒
  • 主婦と生活社 (2011年10月7日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (128ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784391140507

常備菜の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 作ってみたいな、と思える常備菜でした。
    夫というものは、妻が考えているような洒落たものなんて食べたくないもので、食べ慣れたものが良いのだ、と結婚してから実感した。
    家族のための常備菜だ、と思えたので星4つ。

  • うーん。これはレシピとして載せるものなのか?というレベルものから、なかなかハードルが高い(使う食材の種類が多いので現実的ではない)ものまでいろいろあって、売れている本のようだが、一体これを必要とするターゲットってどこにあるんだろうか。簡単過ぎるから面倒なのまで、レシピの幅が広い。料理本は読者が明確じゃないと不安定な印象になる。初心者向けなのか、ある程度できるひとのなのか。
    写真が大きくて見やすいし、ページの下部に「どのくらい日持ちがするか」が掲載されているが、おそらくこの情報を読者は一番求めているだろうからレイアウト的にはココがもうちょっと字が大きくてもいいと思う。(字が小さいのが謎)
    ある程度の自炊をしているのであればだいたいは予想がつく惣菜だが、初心者に説明するにはもうちょっと詳細な手順を文章で説明する必要があるだろうし、そしてその反面人によっては簡単過ぎるもの、既に自身のレシピが確立されているであろうものもあるだろう。
    実際のところ、何をどのくらいの量つくるかというのは世帯の人数によって変わるし、3日もつのか一週間もつのかというところも合わせて計画的に考えなければならないが、それは読者がこれから判断するべき問題でもある。ある程度、既に常備菜を作っている人であれば物足りない内容だろう。初心者が気合をいれて一冊!という購入動機もあるかもしれないが、それならクックパッドでもいいんじゃないか。
    著者は長野出身のひとらしい。食材や味付けに地域性がでるだろうし、好みもあるだろうなあ。ちょっと醤油への依存度が高めのような気がする。個人的に「醤油煮」という表現は好まない。
    表紙のマカロニサラダの写真はいいと思う。表紙に相応しい。ふだん作らないマカロニサラダが作りたくなる。でも炭水化物メイン。菜はどこかと。日本には二種類の家庭がある。マカロニサラダを作る食卓と作らない食卓。

  • 平日働いている身分の自分としては、こういったレシピが重要なので役に立っています。
    かなり簡単で手間のかからない料理が多いです。味付けもシンプル。

  • お弁当や日常のお料理ネタとして買いました。それほど手間のかからない、比較的日持ちするメニューが並びます。レシピ本としては見やすく、食材としても応用が効くものも多いのでいいと思います。

  • おいしそうなんだけど、白ワインビネガーとかないなぁ。

  • 表紙にもなっているマカロニサラダはレシピも簡単で家族にも好評です。全体的に複雑な工程はなく、調味料もシンプルなので作りやすいと思います。たとえば煮物でも出汁を使わないものが多いのと、塩分高めかなと思うものが多いように思いました。このレシピを参考にそれぞれご家庭の味を作るのもいいかもしれません。

  • 2014

  • 作ってみたい料理が数多く掲載されている。一緒に提案されているアレンジ方法が、高ポイント。普段の料理にもいかせるところが満載。

  • 久米書店

  • たまに開いて見てるけど、実はあんまり使っていない。クックパッドばかりになっているけど、たまには本も開いた方がよいかな。

全54件中 1 - 10件を表示

飛田和緒の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
三浦 しをん
暮しの手帖編集部
宮下 奈都
有効な右矢印 無効な右矢印

常備菜を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

常備菜の作品紹介

作って冷蔵庫にストックしておけば、ごはんに、お弁当に、すぐおいしいおかず109。

ツイートする