新 旅ボン イタリア編

  • 129人登録
  • 4.16評価
    • (15)
    • (23)
    • (6)
    • (1)
    • (0)
  • 19レビュー
  • 主婦と生活社 (2012年3月16日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (173ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784391141627

新 旅ボン イタリア編の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • イタリアの食べ物がどれも本当に美味しそうで素敵でした。どこにいてもマイペースなボンさんが可愛いです。

  • 高校2年の時に友達に貸してもらって読み、内容が忘れられず大学2年生のとき実際にイタリア旅行に行ったくらい面白いです。
    この本の良いところは旅行の楽しさだけでなく、面倒くささだったり不安だったりをきっちり書いてあるところです。
    またガイドブックと違いマンガ=絵でイタリアの各地を紹介しているので、実際旅行に行った時に「あ〜写真と同じだ〜」と答え合わせの様にならなくて良いと思います。

  • めちゃくちゃキャラクターが可愛いうえに、ギャグが面白くて電車の中でクスクス笑いながら読んだ。

    イタリアをぐるっと一周まわる旅行記だし、道中の注意点なども面白おかしく紹介してくれるので役立つ情報もあります。全く役に立たない情報もありますが(笑)

    イタリア旅行する上での入門書としてはうってつけの一冊。

  • イタリアに行った事ないけど、ボンボヤージュさんの本を読んでたら本当に行ってみたくなりました!
    イタリア料理を本場で食べてみたいし、風景とか絶対に綺麗だと思う!
    言語の壁をどう切り抜けるかにかかってるよね。
    他の作品も読みたくなりました!

  • 登場する人よさそうな社長が実際の出版後に原稿料も払わずに逃げていたとは。紀行マンガとしてもとてもおもしろかったので他のも読みたい。

  • 前回読んだこともなんかすっかり忘れていて、楽しく読めた。 
    ここにはアクマもネボスケな子も出てきていなかったことさえ忘れていた。

    ゴマブックから主婦の友社に移管したことで、最後に16頁追加あり。こちらも楽しめました。

  • 旧版も持っているけど、追加部分を読みたくて購入。

    やっぱり面白い。
    旧版からの時間経過も感慨深い。

  • あとがきが秀逸すぎ。何もあとがき的なこと書いてないのに、思いっきりイタリアの臭いをプンプンさせつつ、しっかり笑える。本文中のイラストが細かくて気合いを感じる。

  • イタリアへ行く為ガイドブックを探していたら見つけた本
    昔好きだったちびギャラリーの作者の書いた旅本

    当時は知らなかったけれどこの作者、男性だった事にびっくり
    しかも同年代っぽい ひきこもりでなんとなく友人にいそうな感じ
    しかも同行していた編集者の旅の楽しみ?ぬいぐるみを持ち歩き写真を撮るのはイイ感じ
    真似しようかな?

    もちろん素人?の感想をそのまま書いた?
    旅本なのでガイドブックとしては役に立たないが可愛いイラストで旅のイメージが沸きやすい

    ちなみに出版社が変わって(倒産?)リニューアル本だが
    ビデオをみての思いだし(7年前)エピソードが追加されている

  • 本音トーク炸裂のイタリア旅行編
    やっぱりこれを読むとほかの旅ボンも読みたくなりますねww

全19件中 1 - 10件を表示

ボンボヤージュの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ボンボヤージュ
たかぎ なおこ
ボンボヤージュ
三浦 しをん
なかむら るみ
有効な右矢印 無効な右矢印

新 旅ボン イタリア編に関連する談話室の質問

新 旅ボン イタリア編に関連するまとめ

新 旅ボン イタリア編を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

新 旅ボン イタリア編を本棚に「積読」で登録しているひと

新 旅ボン イタリア編のKindle版

ツイートする