若杉友子の「一汁一菜」医者いらずの食養生活

  • 136人登録
  • 3.53評価
    • (6)
    • (10)
    • (10)
    • (2)
    • (2)
  • 12レビュー
著者 : 若杉友子
  • 主婦と生活社 (2013年1月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (184ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784391142617

若杉友子の「一汁一菜」医者いらずの食養生活の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 全般的には
    自分で野菜を作ったり
    周りに豊富にない土地に住む身にとっては
    ハードルの高い健康法でしたが
    取り入れられることはコツコツと
    野菜つくって食べて 大変だろうけど
    やはり満足感ありますよね

  • 2014、10、15

  • この方も桜沢如一(ジョージ・オーサワ)の哲学や思想に惹かれて受け継いでいる方のよう。
    でもマクロビオティックとは一線をかしてる模様。

    このくらいの年代の方が、
    「昔は一汁一菜だった」
    「戦後、だんだん欧米化が進んで、肉だ、卵だと」
    って話すと重みがある。
    だって、ずっと見てきたんだもの。

    生まれてから、もはや肉、卵、乳で育ってきた私たちがいくら説明しても説得力ないよね。

    自分で畑を持って、自給自足をしてるから、F1種が力強くないってのがわかるんだろうな。
    私たちは机上の空論なので、知ってはいるけど、迷信のような「種無しの野菜や果物を食べてると、子供(種無し)ができにくい」なんて言われて、眉唾なんて思ってしまうんでしょう。

    我々は野菜からも命を頂いてるので、力強いものを口に入れて強く生きた方がいいですね。

    ・玄米を炊くなら、圧力鍋より土鍋で
    ・欧米の食べ物はすぐに体温が上がる。(肉類は陽性)だから体を冷やそうと生野菜や白砂糖たっぷりのデザート(両方とも陰性)を食べたがる。
    ・パンは空気で膨らんでいるから陰性
    ・子どもは陽性体質なので、多少、陰性の物を食べさせてバランスをとってもいい

    ・薬になるから「加薬(かやく)ごはん」という。
    ・ひじきは浄血作用があり、血液をアルカリにする

    ・料理は右回転で(陽性)引き締まり、あたたまる。
    ・外食はほとんどしない。食べる気になれないから。

  • とても読みやすかった。
    図書館本なので、本の裏表紙の陰陽表が見れなかったのが、残念。
    旬の食材が良いのはよく分かったが、一覧表の食べない方がいいものの理由が記されていなくて、疑問が残った。

  • 一汁一菜とまでは いかないが 一汁三菜くらいの食生活を基本としているので とても参考になる本だった。 

  • マクロビは奥が深いからコツコツ勉強していく必要があると思うけど、この本で概要はつかめるのかなー コンパクトになっていて初心者にはもってこいかと。

    参考にしたい部分もあるけど、ここまでストイックな生活環境は現実的には難しい。それを実際に教えにしたがって実現しているばあちゃんはすごい。もっと時間的制約が多かっただろう子供が小さいときにどういう感じで過ごしていたのかとか気になる。

  • 758

  • 三葛館医学 498.5||WA

    30年以上にわたり“食養”を学び、実践されている若杉友子さんの著書。
    説得力のある文章で一汁一菜の大切さを分かりやすく教えてくれています。
    また、食べてはならない食品やその理由が丁寧に説明されていて、とてもためになります。
    ここまで徹底して食養を実践するのは難しいと思いますが、食物や食事に関する説明やレシピも読んでいて楽しいものばかりなので、どんどん読み進んでしまうし、食養も出来ることから実践してみたくなります。

    和医大図書館ではココ → http://opac.wakayama-med.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=66691

  • 陰陽を考えて、献立の参考にします。
    きっちりやるのは、無理!

  • マクロビオティックの勉強をと思って購入。若杉ばあちゃんは食事の陰陽を特に大事にしているんだなという印象。科学的根拠はないのですべてを鵜呑みにするのは怖いけど、調味料の選び方など参考になるところもあり。本の裏表紙に陰陽表もついてます。

全12件中 1 - 10件を表示

若杉友子の作品

若杉友子の「一汁一菜」医者いらずの食養生活を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

若杉友子の「一汁一菜」医者いらずの食養生活を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

若杉友子の「一汁一菜」医者いらずの食養生活を本棚に「積読」で登録しているひと

若杉友子の「一汁一菜」医者いらずの食養生活の作品紹介

現代栄養学に体が悲鳴をあげている。若杉ばあちゃん直伝、春夏秋冬、体にいい「食べ物」「食べ方」満載。酸・アルカリと食べ物の陰陽表つき。

若杉友子の「一汁一菜」医者いらずの食養生活はこんな本です

若杉友子の「一汁一菜」医者いらずの食養生活のKindle版

ツイートする