みその料理帳

  • 31人登録
  • 3.13評価
    • (0)
    • (3)
    • (4)
    • (0)
    • (1)
  • 4レビュー
著者 : 瀬尾幸子
  • 主婦と生活社 (2013年3月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (143ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784391143089

みその料理帳の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • とても落ち着いてる地味系。私みたいな年齢ならこれくらいのシンプルなものの方が心地いいな。

    ねぎみそと、さばのみそ煮を作ろうと思った。さばのみそ煮は煮汁が冷たいうちにさばを投入するといいらしい…。今までずっと知らなかった。何回作ってもうまくいかなくて嫌になって総菜コーナーで買って食べていたのでトライしてみようかな。

    あと八丁味噌は買って使い切れなくても腐らないので、一袋あっても損しない味噌とのことなので、これもチャレンジ予定。私に合っていて読んでいて気持ちいい。

  • 基本良い本。

    アイデアいろいろ。みそ好き。

    真似たいレシピはあんまりなかったので星三つ。

  • 姿は見せず、味も薄め、しっかり旨みがあって料理を骨太のおいしさに仕立て上げるのが味噌。味をつけるというよりは、しのばせるといった具合。何でもピタリと決めてしまう最強の調味料。味噌の主原料は大豆。タンパク質が豊富で脂質、糖分、ビタミン、ミネラルといった栄養素もバランス良く含まれており、医者いらずの異名も持つ。加えて発酵パワーが腸内環境を整える。栄養価も極めて高い。本書は味噌をつかった垂涎のレシピ集となっている。

全4件中 1 - 4件を表示

瀬尾幸子の作品

みその料理帳の作品紹介

「塩麹」に続く、2013年注目の調味料は「みそ」。
のせるだけ、ちょっと足すだけ、混ぜるだけ。ちょっと意外な、でも食べてみると納得の、みそレシピを72品紹介します。
例えば、みそを直接手につけてからにぎる、「生みそのおにぎり」は、作る人の手のぬくもりも伝わって、ひときわおいしく仕上がります。
これひとつで酒1合半はいける「ねぎみそ」、マヨネーズとの相性抜群の「みそマヨトースト目玉のっけ」、わたのほろ苦さとの取り合わせが絶妙の「さんまのみそ焼き」など、珠玉のみそ料理を堪能してください。

第1章
直球明快 みそを味わう11の調理法
生みそのおにぎり、焼きみそフレーク、冷や汁、みそ餃子、みそチーズオムレツ、みそマヨトースト目玉のっけ、あじのみそたたき など

第2章
酒1合半はいける みそのつまみ
ねぎみそ、山椒みそ、牛すじのどて煮、しゃぶっとしたみそカツ、さんまのみそ焼き など

第3章
何度でも食べたい みそ味のおかず
赤みそシチュー、みそだれ生春巻き、ゆでなすのみそ炒め、まぐろの辛みそあえ、みそ味のかぼちゃの煮っころがし など

第4章
尽きせぬうまさ 汁もの春秋
かぶと鶏ひき肉のみそ汁、豚肉とトマト、青じそのみそ汁、まぐろのあら汁、みそチャウダー、魅惑のかき鍋 など

第5章
満足満腹 みそ味のごはん、麺、パン
里いもの炊き込みごはん、みそ味炒飯、みそ味冷やし中華、ごまみそだれうどん、みそピザ、みそ納豆のふわふわ丼、みそからみもち など

みその料理帳はこんな本です

ツイートする