センチメンタルサーカス 幻想アンティーク夜話

  • 18人登録
  • 4.25評価
    • (1)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 市川晴子
  • 主婦と生活社 (2015年1月5日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (86ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784391146059

センチメンタルサーカス 幻想アンティーク夜話の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 絵本なのかな?いつもと違う感じがまたよかった。物悲しい物語。そこが好き。

  • センチメンタルサーカス絵本4冊目。
    「シャッポの一日」、「星影のグッズ小屋」、「ゼンマイ仕掛けの遊園地」、「幕間のひといき」、「屋根裏ナイトメア」、「サーカス座流星群の夜」の4つの話と2つのコラム収録。

    「シャッポの一日」
    モノクロページ。
    サーカスのみんなは一緒に生活しているのだと思っていたけれど、シャッポとトト以外はそれぞれの寝床があるらしい。

    「星影のグッズ小屋」
    創作グッズ紹介ページ。
    鍵がほしい。

    「ゼンマイ仕掛けの遊園地」
    ポニに焦点を当てた話。
    今までの絵本ならこれのみの収録になっていたかな。
    ポニがメリーゴーラウンドのミニ木馬だったとは。

    「幕間のひといき」
    ホットチョコレートの作り方。

    「屋根裏ナイトメア」
    トトが不思議の国のアリスになる話。
    トトがアリス役とは意外。
    チェシャ猫はそのまま猫のクロ。
    シャッポ似の悪魔のグッズも出てほしい。

    「サーカス座流星群の夜」
    2月の新商品「シャッポと星影のスピカテーマ」の新キャラ、スピカ登場の話。
    サーカス座流星群にはセンチメンタルサーカスのメンバーと似た星座が。
    シャッポの元のうさぎのぬいぐるみが案外普通で驚き。
    スピカの名前自体は出てこない。

    今までハードカバーだったのが、ソフトカバーになってページ数が大幅アップ。
    ハードカバータイプの方が好きだったけれど、内容がたくさんあって、いろいろな絵を見れたからよかった。

  • 前の三冊と若干装丁が変わったのは、ページ数が増えたからかな?シャッポの1日と、木馬のポニのお話、不思議の国のトト、シャッポのかつての相棒スピカとの邂逅、など複数のエピソードが。星影のグッズ小屋の星屑金平糖が欲しい。もしかして行くとこに行けば商品化されて売ってたりするのかな?

全3件中 1 - 3件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
小野 不由美
有効な右矢印 無効な右矢印

センチメンタルサーカス 幻想アンティーク夜話の作品紹介

センチメンタルサーカスの世界を巡るように描かれた4つのお話。ボリュームたっぷりな全ページ描き下ろし本。

センチメンタルサーカス 幻想アンティーク夜話はこんな本です

ツイートする