暮らしのおへそ vol.21 (私のカントリー)

  • 36人登録
  • 4.29評価
    • (2)
    • (5)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
制作 : 主婦と生活社 
  • 主婦と生活社 (2016年1月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (88ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784391638721

暮らしのおへそ vol.21 (私のカントリー)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • この本に掲載されている人達、憧れます。このような素敵な暮らし、してみたいな…」

  • 引田ご夫妻の佇まいに憧れる。

  • 最近のおへそには少しマンネリ感を感じていたのですが今回の号はとても良かったです。足すだけではなく引いてみるといった様な、がむしゃらに頑張る!!というのではない(それが必要な時もありますが)姿勢が心地よかったです。

全3件中 1 - 3件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
菊池 亜希子
宮下 奈都
植本一子
西川 美和
群 ようこ
西 加奈子
伊藤 まさこ
有効な右矢印 無効な右矢印

暮らしのおへそ vol.21 (私のカントリー)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

暮らしのおへそ vol.21 (私のカントリー)を本棚に「積読」で登録しているひと

暮らしのおへそ vol.21 (私のカントリー)の作品紹介

今号で『暮らしのおへそ』は21号目。10周年を終えて、11年目に、また新たな一歩を踏み出します。その人だけが持つ習慣。それをこの本では「おへそ」と名づけています。
~中略~
今号で、漫画家のヤマザキマリさんが教えてくれたのは、“心の「タガ」の外し方”でした。
自分のなかですべてをやろうとしない。一歩外に出て、なけなしの自分が、何を感じ、考える試してみる。そうして自分の「外側」を変え、「内側」へ作用させることもおへそづくりのひとつの方法です。
~中略~今号のテーマはおへその「容れ物」づくり。まずは外側から変えてみて、どんな形のおへそが生まれ出るか試してみてはいかがでしょう? 編集ディレクター 一田憲子
(本誌イントロより抜粋)

暮らしのおへそVol.21 Contents
 Introdction
モノから始まるおへそづくり

『テルマエ・ロマエ』著者・ヤマザキマリさんに聞く
心の「タガ」の外し方
「イーオクト」代表 高橋百合子さん

片づけで、人生はきっと変わると思います。
フラワースタリスト 平井かずみさん

ライフスタイルデザイナー パトリス・ジュリアンさん

中国茶の稽古「月乃音」主宰 渡邉乃月さん

実は私、面倒臭がりなんです。
整理収納コンサルタント 本多さおりさん

対談 暮らしの中の本と絵
「森岡書店」オーナー・森岡督行さん×画家 平松麻さん

チーズ研究家 かのうかおりさん
「サボン ド シエスタ」主宰 附柴彩子さん

教育評論家・親野智可等さんに聞きました
    子育てがラクになるおへそとは?

おへそを定着させるためのルーティーン力の鍛え方

「ギャラリーフェブ」主宰 引田ターセンさん 引田かおりさん

「サビタ」主宰 吉田真弓さん

暮らしのおへそ vol.21 (私のカントリー)はこんな本です

暮らしのおへそ vol.21 (私のカントリー)のKindle版

ツイートする