エロスとグロテスクの仏教美術

  • 18人登録
  • 4.00評価
    • (0)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 森雅秀
  • 春秋社 (2011年8月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (268ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784393116319

エロスとグロテスクの仏教美術の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • インドの彫刻や壁画などから解説を始め、日本に伝わってどのように変容していったかに話が進む。
    性や死は宗教と切り離せない要素。インドではかなり素直な表現が使われていたのに、日本に来ると覆い隠すようなことが多くなっている。そんな違いを見るのも面白い。

  • タイトルだけで借りてみた本。タイトルとかけ離れた所で面白かった本でした。

    ブログはこちら。
    http://blog.livedoor.jp/oda1979/archives/4084959.html

全2件中 1 - 2件を表示

森雅秀の作品

エロスとグロテスクの仏教美術を本棚に「読みたい」で登録しているひと

エロスとグロテスクの仏教美術を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

エロスとグロテスクの仏教美術を本棚に「積読」で登録しているひと

エロスとグロテスクの仏教美術の作品紹介

禁欲のなかのエロティシズム。聖なるもののなかの不気味さ。インドと日本の仏教美術のなかから、エロスやグロテスクとかかわりのある図像をとりあげ、それらを通して各地域・時代に固有の文化を知るとともに、全体を貫く普遍的な美意識や人間観を明らかにする。

エロスとグロテスクの仏教美術はこんな本です

ツイートする