「おのずから」と「みずから」―日本思想の基層

  • 12人登録
  • 2レビュー
著者 : 竹内整一
  • 春秋社 (2010年8月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (314ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784393312995

「おのずから」と「みずから」―日本思想の基層の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 貸し出し状況等、詳細情報の確認は下記URLへ
    http://libsrv02.iamas.ac.jp/jhkweb_JPN/service/open_search_ex.asp?ISBN=9784393312995

  • 内山節の『ローカリズム原論』で紹介されていた。非常に興味深い題材なので、近いうちに読んでみたいな。

全2件中 1 - 2件を表示

竹内整一の作品

「おのずから」と「みずから」―日本思想の基層を本棚に登録しているひと

「おのずから」と「みずから」―日本思想の基層を本棚に「読みたい」で登録しているひと

「おのずから」と「みずから」―日本思想の基層を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

「おのずから」と「みずから」―日本思想の基層を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

「おのずから」と「みずから」―日本思想の基層の作品紹介

日本人の文化や思想の基層にあるものとは。「おのずから」と「みずから」の「あわい」という、微妙かつ動的な視点から、日本思想の新たな可能性と意味を問い直す、画期的な日本思想論。

「おのずから」と「みずから」―日本思想の基層はこんな本です

ツイートする