宗教について: 宗教を侮蔑する教養人のための講話

  • 22人登録
  • 2レビュー
制作 : 深井 智朗 
  • 春秋社 (2013年4月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (348ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784393323458

宗教について: 宗教を侮蔑する教養人のための講話の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 佐藤優『「ズルさ」のすすめ』で紹介

  • 心の拠り所を持つコトなくして、生きていくのはシンドイでしょう。でも宗教は胡散臭い。人の心を弄ぶ輩は許し難いと思っている。。。
    全く教養人とは程遠い存在ですが読んでみます。

    春秋社のPR
    「宗教の本質は宇宙の直観と感情であると喝破し、その法悦を愛の喜びにも似た甘美な筆致で描写して、キリスト教の枠をも超え、宗教哲学の祖となったシュライアマハーの『宗教について』を半世紀ぶりに新訳! その衝撃をストレートに伝えるべく、底本に1799年刊の初版を用い、後世の恣意的な解釈を廃し、当時シュライアマハーが置かれていた時代背景や思想・精神状況を精査して、本書に託された真の意味を探る充実した解題を付す。少しでも宗教に興味のある人は必読必携の一冊。 」

全2件中 1 - 2件を表示

フリードリヒ・シュライアマハーの作品

宗教について: 宗教を侮蔑する教養人のための講話はこんな本です

ツイートする