小笠原流 弓と礼のこころ

  • 28人登録
  • 3.89評価
    • (3)
    • (2)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 小笠原清忠
  • 春秋社 (2008年2月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (181ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784393332740

小笠原流 弓と礼のこころの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 小笠原流 弓と礼のこころ
    小笠原清忠
    春秋社
    ISBN978-4-393-33274-0

    平成二十七年五月 下賀茂神社流鏑馬神事にて

    図書出版 春秋社
    http://www.shunjusha.co.jp/detail/isbn/978-4-393-33274-0/

    小山弓具
    http://www.koyama-kyugu.com/product/14/item.php?code=14-017

  • 小笠原の歴史、礼法、流鏑馬、弓術についての本。
    やさしい言葉で丁寧にかかれており、わかりやすかったです。
    いただきますの時の合掌についての指摘は目から鱗でした。

  • 流鏑馬のいろいろな話が面白い
    手に入れやすい類書はない

全3件中 1 - 3件を表示

小笠原清忠の作品

小笠原流 弓と礼のこころの作品紹介

「ほんとうの小笠原流」は、伝統にあぐらをかかない。簡潔で心身の健康に良い、日本人ならではの礼法は、弓を引き、馬に乗る武士の日常から生まれた-。「家業を生業とせず」の家訓のため、知られることの少なかった真髄をやさしく説く。

小笠原流 弓と礼のこころはこんな本です

ツイートする