人間尊重七十年

  • 12人登録
  • 3.50評価
    • (0)
    • (1)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 出光佐三
  • 春秋社 (2016年3月8日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784393333495

人間尊重七十年の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 「海賊とよばれた男」から本人の書いた本も読んでみたくて読んでみた1冊。出光佐三さんの社内外での講話や講演録ということで、映画と重ねて読める部分もあったし、それをさらに深掘りしたような話もあって楽しくも勉強になりました。こういう本を読むと、自分は日本に生まれて、日本人としてどう生きていこうとか、そういう考え方って本当に薄れてきてしまっているかもなと思いました。何も踏まえずに「自分はこうしたい」だけで暮らしていく人ばかりになったら、あまりこの地域やこの国で、そしてこの仕事で生きる意味を感じられなくなっていく。一度立ち止まって、自分はどうこの先暮らしていきたいか考えてみたいと思いました。

  • 社長の座右の書

全2件中 1 - 2件を表示

出光佐三の作品

人間尊重七十年を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

人間尊重七十年を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

人間尊重七十年を本棚に「積読」で登録しているひと

人間尊重七十年の作品紹介

「人間尊重」を理念に掲げ、社員は家族、非上場でよい、タイムカードはいらない、定年制度はいらない、労働組合はいらない等、独特の社風のもとに出光興産を一代で築いた出光佐三。その経営哲学の全貌をまとめた一書。

人間尊重七十年のKindle版

ツイートする