現代瞑想論―変性意識がひらく世界

  • 23人登録
  • 3.40評価
    • (1)
    • (1)
    • (2)
    • (1)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 葛西賢太
  • 春秋社 (2010年3月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (271ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784393365113

現代瞑想論―変性意識がひらく世界の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ・大麻 感覚の繊細さや鋭敏さが研ぎ澄まされる感じだ。
    ・五感が交じり合い、交差運動するような共感覚、「音は色彩を持ち、色彩は音楽を持つようになる」
    ・時間や空間が奇妙に歪んで見えること、そして目に見える光景の細部が、ひとつひとつとても深い意味を持っているように感じられることである。

  • 瞑想についての最良の入門書であり決定版。非常に冷静に「瞑想」そのものが俯瞰視されている。具体的なテクニックについてはともかく、「瞑想って何さ?」とか思ったらまずこれを読めばいいと思う。文章も読みやすい。

  • 『仏教瞑想論』での瞑想の定義を拡張するのによい。ブックガイドも充実。ビリーバー的な微妙なニュアンスは割り引く必要あり。

全3件中 1 - 3件を表示

葛西賢太の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
マルコム・グラッ...
ヴィクトール・E...
マーク・ピーター...
チップ・ハース
苫米地 英人
有効な右矢印 無効な右矢印

現代瞑想論―変性意識がひらく世界はこんな本です

ツイートする