千年の都 平安京のくらし

  • 11人登録
  • 2.75評価
    • (0)
    • (1)
    • (2)
    • (0)
    • (1)
  • 3レビュー
著者 : 鳥居本幸代
  • 春秋社 (2014年1月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (285ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784393482261

千年の都 平安京のくらしの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 源氏物語の物語世界や、枕草子など古典文学的な世界が色彩やかにふくらみました。源氏物語の漫画片手に読み進めていました。単なる歴史書というより、古典の世界への手助けのほうがしっくりくるかなという感も。もっと写真、画像資料があればいいなぁと思ったのですが、別途資料を探して照らし合わせつつの再読もいいかな、とも思います。

  • タイトル通りの本。
    歴史史料や『源氏物語』などから平安人の暮らしを探った本。
    一部、近代の史料などから再現しているので、必ずしもその通りかは分からないけれど。
    違う切り口で平安時代を知るには良い。

  • ・鳥居本幸代「千年の都 平安京のくらし」(春秋社)を 誤解を恐れずにごく大雑把に言つてしまへば、高校の国語副読本の図録の平安時代関連を文章化したものとでもなるのではないか。内容は四神に倣つて「青龍の巻 千年の古都・平安京の誕生」に始まり、「朱雀の巻 大内裏で政を行う」「白虎の巻 天皇のくらし」「玄武の巻 貴族のすまい」の全四章からなる。平安京の位置や構造に始まつて天皇から貴族に移つていくといふ感じである。国語図録の文章化ならばかうなるであらうといふ内容ではある。簡にしてとはいかない までも、要を得た内容であると思ふ。
    ・例へば青龍の巻の関心は専ら都とその周囲の土地に関することである。だから都の大路、小路等の名をきちんと書いて説明する。一条は、一条戻り橋は、北山は、西山はといふわけである。それは当然貴族中心の記述である。書きたくても貴族以外はなかなか書けないであらう。平安京の人口は図録には出てゐない。本書「十万人が住まう大都会」にかうある。「天皇・皇族、五位以上の貴族および家族 約一、六〇〇人/殿上人の資人(従者) 約六、九〇〇人/地下人とその 家族 約三、七〇〇人/無位官人 一五、〇〇〇人/一般庶民 約九〇、〇〇〇人」(41頁、/は原文改行)これで「およそ一二から一三万人が住んでいたと推定され」(同前)る。つまり、本当に高貴な身分と言へるであらう約1%強の人々、あるいはそこに地下人(六位以下)を入れた約8500人、7%の人々が 本書の記述の対象であつて、他のほとんど9割以上は対象外といふことである。これは先の四章の章題からも容易に知れることで、私達の平安時代といふのは実際そのやうなものに違ひないのだが、かうして人口比を示されると、改めてそれを確認することになる。さう、紫式部も清少納言もそのやうな限られた一握りの中の一人であつた。平安時代の文化とは基本的にはそのやうな人々のものであつた。ただし、その1%にも上下はあり、清原氏はその下限あたりに位置した存在であつた。だからいろいろと楽ではなかつた。しかし、本書はそちらにはほとんど触れない。あくまで上の方の人々である。個人的には、かういふ記述態度といふか記述方針は残念なものである。貴族のことは探せば他でもいろいろと知ることができるから、ここではあまり知られてゐない一般庶民、約九万人のこと書いてほしかつたと思ふ。ついでと言つては失礼だが、清原氏程度の所謂受領階級のこともである。清少納言自身がその悲哀を味はつてゐるため、枕草子にはそんな エピソードも書かれてゐるが、さういふのを含めてまとめてもらへると有り難かつた。本書でそれがなされないのは著者の専門領域に関はることなのであらう。 鳥居本氏は平安朝のファッションや雅楽の著書を春秋社から出してゐるらしい。家政学専攻、国文や国史の人ではない。だから源氏からの引用、それもファッションに関はりがありさうであるが、は多くても、説話等からの引用はできないのであらう。一般庶民と受領の除外される所以である。ただし、ファッションといつても、そんな図版が多く載るといふわけではない。図版はむしろ少ない。最後のあたりに正に図録にあるのと同じやうなのがカラーでない形で載る。これも 残念な点である。文章が中心でも、ポイントはきちんと視覚に訴へるべきであつた。そんなわけで、平安朝の貴族に関してはよくまとめられてゐるのであらうと思ひはするものの、そこに留まつてしまつたのが本書の残念な点である。ない袖は振れぬといふことではあるが、その部分を知りたい人が多いはずである。そちら中心の書が出されることを望む。

全3件中 1 - 3件を表示

鳥居本幸代の作品

千年の都 平安京のくらしを本棚に登録しているひと

千年の都 平安京のくらしを本棚に「読みたい」で登録しているひと

千年の都 平安京のくらしを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ツイートする