18歳から考える経済と社会の見方

  • 12人登録
  • 3.00評価
    • (0)
    • (0)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 蔵研也
  • 春秋社 (2016年10月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (287ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784393611142

18歳から考える経済と社会の見方の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 請求記号:331/Kur
    資料ID:50085612
    配架場所:図書館1階東館 め・く~る

全2件中 1 - 2件を表示

蔵研也の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
池井戸 潤
ヴィクトール・E...
朝井 リョウ
エラ・フランシス...
トーン テレヘン
村田 沙耶香
スティーヴン・D...
佐々木 圭一
有効な右矢印 無効な右矢印

18歳から考える経済と社会の見方を本棚に「読みたい」で登録しているひと

18歳から考える経済と社会の見方を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

18歳から考える経済と社会の見方を本棚に「積読」で登録しているひと

18歳から考える経済と社会の見方の作品紹介

世界の経済はめまぐるしく動いている。日本はいま、どういう方向に行こうとしているのか、私たちの暮らしはどうなっていくのか、そうした素朴かつ重大な課題に対し無関心ではいられない人々に贈る、絶好の指南書。

18歳選挙権への引き下げは、否応なく十代有権者としての問題意識も問われるところ。しかし、昨今の政策や効果についてはなかなかに理解しがたいこともたくさんある。そこで、本書では、経済における政府のあり方や役割、社会の見方、思考の枠組みをていねいに解説しながら、自分で考える習慣を身につけるためのヒントを提供。従来の経済学の考え方をきちんと踏まえたうえで、AIやアベノミクス、仮想通貨などアップトゥーデイトな話題もふんだんに取り入れ、まさに現在進行形の社会現象を読者と一緒に考えていこうとするものである。経済のしくみについて自力で考えることこそ、これまでの教科書的・概説的な勉強にはない知的な冒険となることだろう。

ツイートする