〈第九〉誕生: 1824年のヨーロッパ

  • 10人登録
  • 3.67評価
    • (1)
    • (1)
    • (0)
    • (1)
    • (0)
  • 1レビュー
制作 : 後藤菜穂子 
  • 春秋社 (2013年8月27日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (318ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784393931912

〈第九〉誕生: 1824年のヨーロッパの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • Original title:The Ninth:Beethoven and the World in 1824.
    最初から最後までBeethoven視点での1824年前後の世界ではなく、
    近隣国で当時活躍していた詩人、文豪等の生活や世界的歴史背景を交えながら第九の誕生を述べています。
    多角的に当時、前後で何があったかを述べる事が新鮮で面白く読めました。
    面白いと言えば各章の題名で初めて笑ってしまいました。
    まさか文ではなくこんな所で笑うとは想定外でした。

    2.オーストリア人のあほうどもめ!

    中には初めて知った人もいて勉強にもなりました。
    第九を巡って紹介された人々
    ・Ludwig van Beethoven
    ・Klemens Wenzel Lothar Nepomuk von Metternich-Winneburg zu Beilstein
    ・Franz II
    ・Napoléon Bonaparte
    ・Stendhal(Marie Henri Beyle)
    ・Georg Wilhelm Friedrich Hegel
    ・Giacomo Taldegardo Francesco di Sales Saverio Pietro Leopardi
    ・George Gordon Byron, sixth Baron

    他にも沢山の人物が登場します。

全1件中 1 - 1件を表示

ハーヴェイ・サックスの作品

〈第九〉誕生: 1824年のヨーロッパを本棚に登録しているひと

〈第九〉誕生: 1824年のヨーロッパを本棚に「読みたい」で登録しているひと

〈第九〉誕生: 1824年のヨーロッパを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

〈第九〉誕生: 1824年のヨーロッパを本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする