「野球」県民性 (祥伝社新書)

  • 23人登録
  • 3.29評価
    • (1)
    • (1)
    • (4)
    • (1)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : 手束仁
  • 祥伝社 (2005年8月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (292ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784396110192

「野球」県民性 (祥伝社新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 20140910

  • 著者が文字通り野球選手の出資から県民性を割り出そうとする一冊。

    著者のプロ野球選手の輩出にばらつきがあるが、何より試み自体が成功したかは?だが、単純に読み物としては面白かった。

  • 確かに野球に県民性は出ると思う

  •  読んでみて、タイトルで思ったこととは全然違った。47都道府県それぞれには野球の強さに違いがあり、様々な特色がある。その47都道府県の全部の特色を書いたのがこの本だ。どの県もやり方が違い特色がある。甲子園がいい例だと思う。毎年その県の代表が出ていて、違う高校が出るがその県の特色が出ている。このことはその県の県民性だと思う。例えば、大阪の人は面白い人が多いなどだと思う。その特色の違う者同士がコミュニケーションをとるとまた面白いことになると思う。

  • 2007/12/27
    先入観の入り混じった後付け感たっぷりのコメントの数々はさておき,良くこのコンセプトで一冊の本が書けたなぁと感心。実際読んでて面白かった。これから高校野球を見るのが今までより楽しくなりそう。
    「童顔の高橋尚子が頭もやや薄くなっている和田と同じ年齢で一緒の学校に学んでいたというのは奇妙な違和感がある」には笑った。

全5件中 1 - 5件を表示

手束仁の作品

「野球」県民性 (祥伝社新書)はこんな本です

ツイートする