江戸城を歩く(ヴィジュアル版) (祥伝社新書 161)

  • 116人登録
  • 3.40評価
    • (2)
    • (11)
    • (15)
    • (1)
    • (1)
  • 13レビュー
著者 : 黒田涼
  • 祥伝社 (2009年5月29日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784396111618

江戸城を歩く(ヴィジュアル版) (祥伝社新書 161)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 古地図と現代地図を並べて表示、1章ごとに、1日以内で歩けるルートを案内している。
    地図のページに指を挟んだまま、「次は右に行ってみましょう。○○門が見えてきます」という文章を読むのは、行ったり来たりで目が泳いでしまうが、閉じてある“本”なのだから仕方が無い。
    文章の通りのものを地図上に発見してたどるのは、地図が好きな自分としては楽しかったです。

    それ以上にやはり面白かったのが、古地図と現代地図の対比。
    堀や川の流れがそのまま生かされ、または道路になったりして、地図の見た目があまり変わらない。
    本当に、『東京』の土台は家康が作ったのだな~と実感した。
    その割には、建物はほとんど消失してしまって残念な限りだ。
    もっと残っていて欲しかったと思う。
    まあ、もう江戸時代からすでに火事で焼けてしまっていたのだから仕方が無い。
    江戸城の天守閣を再建しよう、という主張には、全面的には賛同しかねるが、見てみたいとは思うのである。

  • 平日朝は皇居を少しウォーキングしているだけに、いろいろと参考になりました!
    半蔵門や桜田門だけでなく、もっといろいろなところを散策し発見したいものです(^^)

  • 読了。

  • 今に残る江戸城の遺構を訪ねる
    主に外郭の石垣
    出張時には遺構近くのホテルに泊まって散策もよさそうですね。

  • いつも歩いている
    ウォーキングコースが、
    幾重もの層を持ち始め、
    さらに愛しくなりました♪

    知らない穴場も
    この一冊で完全網羅。
    奥が深くて、
    江戸城好きにはたまりません♡

    最初から最後までワクワク楽しめ
    ました。

  • 12.12.24 写真も多く座右に置いてゆっくり読みたい。

  • 新書にはしては非常に珍しい、
    高圧的な文章で書かれてない本。
    本当にすっとはいる丁寧な文章なので
    あっという間に本の世界に引き込まれます。

    江戸城めぐりの本。
    県外で行くことが出来ない人でも
    写真つきなのでいった「つもり」になれるのは
    大きな魅力でしょう。
    それと歴史の小話も学べて
    脳みその栄養にもなりますし。

    江戸城がここまで広いとは思いませんでした。

  • ドラマ「JIN-仁ー」のオープニングで、東京と東京が江戸と呼ばれた頃の写真が映し出されたのを見て、「江戸」「江戸城」「古地図」に興味を持ちはじめました。京都や奈良のような世界遺産はないけど、東京にもすばらしい歴史的な名所、史跡がたくさんあるんですね。東京に住んでいながら、そのほとんどは行ったことのない場所ばかりです。今度自転車でポタリングしてみたいと思います。

  • [ 内容 ]
    朝日マリオン・コムで超人気のブログ「江戸城を歩こう」連載30回を大幅に加筆し、カラー写真と現在の地図と古地図も載せた、ヴィジュアル版読むガイドブック。
    江戸城の周辺には、まだ多くの碑や石垣、門、水路、大工事の跡などがのこっていて、それこそ謎と魅力に富んでいます。
    地図には、碑や案内板だけでなくトイレやコンビニなど散歩に必要な情報もついています。
    江戸と東京の歴史にも触れ、読んで歩く、楽しい一冊です。
    全12コース。

    [ 目次 ]
    江戸城は東京の土台
    埋もれていた江戸城―虎ノ門から新橋
    巨大土木工事だった天下普請―飯田橋から四谷
    東京の心臓部を作り出した大工事―お茶の水から飯田橋
    消えた最初の堀、高架下の石垣―日本橋川
    江戸城屈指の美しさ―桜田門と日比谷周辺
    銀座もまた江戸城の産物―銀座・京橋
    大火で大改造された江戸―両国橋からお茶の水
    江戸の生活を支えた水道網―四谷から溜池
    壮大な門のオンパレード―大手門から田安門
    都内屈指の桜巡りコース―桜田門から北の丸
    都心のオアシスから皇居内へ―皇居外苑と西の丸
    見所満載!江戸城の核心へ―皇居東御苑(江戸城本丸、二の丸、三の丸)

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 本書を手に取ったそもそもの理由は「皇居というか江戸城というか、そのあたりって断片的には行ったことはあるけど、全体的にはどういう構造・配置になっているか、どういう経緯で今のようになっているのか全然分からんな」と漠然と思っていたから。そういう意味では本書で大まかな知識は得ることが出来た。
    また、巻末に徳川江戸城の前史が書かれており、なかなか面白かったです。

全13件中 1 - 10件を表示

黒田涼の作品

江戸城を歩く(ヴィジュアル版) (祥伝社新書 161)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

江戸城を歩く(ヴィジュアル版) (祥伝社新書 161)はこんな本です

江戸城を歩く(ヴィジュアル版) (祥伝社新書 161)のKindle版

ツイートする