なぜ、町の不動産屋はつぶれないのか(祥伝社新書228)

  • 209人登録
  • 3.22評価
    • (4)
    • (23)
    • (28)
    • (10)
    • (3)
  • 38レビュー
著者 : 牧野知弘
  • 祥伝社 (2011年2月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784396112288

なぜ、町の不動産屋はつぶれないのか(祥伝社新書228)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 町の不動産屋が潰れないのは自分で売買せず手数料で商売をして潰れるリスクを犯さないから

    三菱不動産は丸ノ内の土地の家賃収入だけで十分なキャッシュフローがあるので、無理な借金をせずに商売が出来る
    だから無理な借金をして急成長する新興不動産屋と違い不況に強い

    素人が不動産投資をする場合はこれに習い、買ったら絶対売る必要のない『土地』に投資すべき

    建物は建て替えられる

    内装は変えられる

    極め手は『土地』であり、『土地』は限りがあるので一生売る必要のない土地だけを購入し持ち続けるのがリスクのないやり方

  • ならほどと思わされる、大家業についての本。特に不動産業に関わっていない人に読んでいただきたい一冊!

  • タイトルに釣られて買ってみたが、(他の方のレビュー通り)想像してたものとだいぶ内容が違うのである意味ハズレ。

    町の不動産屋の話しというよりは不動産投資の本で、面白おかしく書いている文体だが、読んでいて「楽しい」、「興味深い」と思える本ではない。

    強いて言うなら建物よりも土地の価値に着目しなさいという点が印象に残るくらい。まあ、これも、「そりゃそうだよね」というレベル。

  • 私はこの分野に詳しくないので、なるほどと思いながら読み終わりました。タイトルと内容のギャップは感じましたが、参考になる点がありました。

  • 町の不動産屋の事業形態など、分かりやすく解説。欲をいえばもう少し事例があれば良かった気がする。

    収益物件購入の場合、各種リスク想定
    ・金利1%→4.5%
    ・賃料10%づつ下がる
    ・経費は賃料収入の27%

  • タイトルと内容が全くあっていない。単なる不動産投資への勧誘本でした。最悪。

  • 目立たない街中にひっそりと存在し、人の出入りもない小さな不動産屋さん。町を歩いていると、よく見る光景だ。リーマン・ショックで地価は下がり、多くの不動産投資会社が破綻したが、なぜか町の不動産屋さんの多くは生き残っている。

    その理由は、彼らが相場を張らないからだ。土地の売買で儲けようとすれば、まず借金をして土地を購入しなければならない。それを速やかに高値で売り抜ければいいが、できなければ借金が膨らむだけ。

    しかし、町の不動産屋は借金をしない。近隣住民を相手に土地売買の斡旋や土地建物の管理で収入を得ている。土地を投機対象にするのではなく、植物を育てるように土地に付加価値を足してやることで、土地から果実をもらおうという考え方。

    これこそが正しい不動産経営。土地は裏切らないから、可愛がってやれば、その見返りは必ずあるのだ。と、町の不動産屋のノウハウを紹介した後、著者はサラリーマンの副業として大家業を勧める。本書の後半はタイトルから完全に脱線している。

  • 書名と内容にややズレあり。
    「町の不動産=大家さん的生き方」のススメの本ではあるのだけれども、それがテーマだということがわかるのは中盤以降。

    不動産という生モノがテーマなだけに、著者の経験と偏見から語られている感が強いのが少し抵抗になるかもしれません。
    「へえ、こんな見方もあるのかな」という感覚は少しだけ得られますが、面白くはなかった。

  • 不動産投資に対する考え方が少し変わります。土地は裏切らない。またエクセルなどでのシミュレーションには気を付けなければならない。201404

  • 今一だった気が・・・

全38件中 1 - 10件を表示

牧野知弘の作品

なぜ、町の不動産屋はつぶれないのか(祥伝社新書228)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

なぜ、町の不動産屋はつぶれないのか(祥伝社新書228)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

なぜ、町の不動産屋はつぶれないのか(祥伝社新書228)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする