「富士見」の謎――一番遠くから富士山が見えるのはどこか?(祥伝社新書239)

  • 48人登録
  • 3.00評価
    • (1)
    • (0)
    • (10)
    • (2)
    • (0)
  • 10レビュー
著者 : 田代博
  • 祥伝社 (2011年6月2日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (264ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784396112394

「富士見」の謎――一番遠くから富士山が見えるのはどこか?(祥伝社新書239)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 長年にわたり「眺める」というテーマでおいかけてきた著者の、富士山を見ることに、とことんこだわった本です。
    富士山好きには、すでに知られていますが・・
    富士見の最東端、銚子。最南端、八丈島。
    西の端、和歌山県色川富士見峠。最北端、福島県二本松市。
    東京からの富士など、各地が載っていますが何故か・・
    さいたまからの写真がなく・・可視地域が半分に分かれています。
    見られる側に住んでいるのでうれしい限りです!
    著者の自宅からのダイヤモンド富士写真(横浜市旭区)・・羨ましいです。

  • 新書文庫

  • ものすごく丁寧な調査!和歌山・福島からも富士山見えるのには驚き…

  • 富士山好きは一読の価値あり

  • 富士山が見える多くの場所を紹介している書。

    ビルが乱立し、比較的近い都内でも、見えるところが限られているが、著者の「富士見」に対するこだわりは、もの凄いものがある。

    「こだわり」を持つということは美しいと思わせてくれた書。

  • 感想未記入

  • 冬の晴れた日の朝は、富士山が見えるかな?と電車に乗りながらその方向を見る。見える場所は、だいたい頭に入っているのでたいていは見ることができる。

  • 以前「探偵ナイトスクープ」で紀南から富士山が見えるというのを​やっていて、興味を持って筆者のサイトも覗いたことがあります。​ 那智勝浦の山中から超望遠で捉えた富士山の写真は、感動もんです​!

  • 軽い気持ちで手にした1冊だが、超マニアな「富士山」の調査情報報告で、斜め読みで終わってしまった。
    ただし、真摯に取り組まれた、膨大な調査が凝縮されているのだろうということはものすごく伝わる。★は3つにしてるけれど、良書だと思う。
    お散歩の合間などでも、富士山を見る機会があって普段からなじんでいる人などであれば、ぐっとくるかもしれない。
    秋冬に富士山をウォッチしてみようとは思いました。

  • 謎っていうかぜんぜん謎じゃないんだけど、どこどこから富士山が見えるっていうことを延々と書き連ねてある本。富士山マニアっているんだね。でも、平和でいいね。なんか富士山マニアっていうと平和な感じがする。

全10件中 1 - 10件を表示

田代博の作品

「富士見」の謎――一番遠くから富士山が見えるのはどこか?(祥伝社新書239)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

「富士見」の謎――一番遠くから富士山が見えるのはどこか?(祥伝社新書239)を本棚に「積読」で登録しているひと

「富士見」の謎――一番遠くから富士山が見えるのはどこか?(祥伝社新書239)の作品紹介

どこからどのように富士山が眺められるかを研究しつづけた著者は、全国20都府県のビューポイントをくまなく調査し、ついに富士山可視マップを作り上げた。また、都内各地の路上から見られる富士を次々と発見。北斎の『冨嶽三十六景』に描かれた富士の秘められた謎の解明にも挑む。さまざまな「富士見」を通じて、富士山に情熱を注いだ日本人の姿が立ち現われてくる。

「富士見」の謎――一番遠くから富士山が見えるのはどこか?(祥伝社新書239)はこんな本です

ツイートする