なぜビジネスホテルは、一泊四千円でやっていけるのか(祥伝社新書295)

  • 161人登録
  • 3.16評価
    • (2)
    • (20)
    • (20)
    • (13)
    • (1)
  • 31レビュー
著者 : 牧野知弘
  • 祥伝社 (2012年10月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (264ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784396112950

なぜビジネスホテルは、一泊四千円でやっていけるのか(祥伝社新書295)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • タイトルから想像されるビジネスホテルの利益構造については後半に少々触れられている程度。むしろ、ホテル業界についてのマニアックな豆知識や著者がホテル業界に従事していた時の裏話などが中心。とはいえ、これがなかなか面白いのだ!ネットが普及し、あらゆるモノがコモディティ化するなかで、価格以外の差別化が難しくなっている世の中でどうマーケットを拡大するか、ココは考えさせられるポイントだ。

  • レビュー省略

  • 固定費ビジネスのホテル業。昔から営業しているホテルだと、かなり無駄が多いこともあるよう。コンサルタントである著者がどうやって35%のコスト削減に成功したか、現場目線で書かれていて面白い。タイトルにある一泊4000円については、始めの建物賃料設定次第では利益を出せるようだ。一番へー、と思ったのは、「大手ホテルでは3,4年に一回は自殺が出る。汚れがひどくなければ翌日から稼働。」

  • 著者が、BCG→三井不動産→ホテル部門に出向→オラガHSC代表(ホテルオーナーへのアドバイザリー)という面白い経歴。

    ・ホテル業界の変遷
    洋風化による「旅館からホテルへ」という業態転換の流れ→宿泊に特化して「普通に泊まれて安ければ良い」という需要をつかんだビジネスホテルの隆盛→ブランドを冠し均質なサービスと低コスト化を強みとするチェーンホテルの攻勢、という流れ。

    ・ホテルビジネスの特徴
    客室単価×客室数×稼働率で収益が決まるビジネス。固定費の高さから、稼働率を高めるためのダンピングが起きやすい構造。さらに、インターネットの登場によって消費者の情報へのアクセスが充実してくると、価格競争は歯止めが効かなくなる。価格を逃れて勝負できる付加価値化が必須の状況になってきている。

    ここまでは、ネットで無料で公開されている情報から、わりと容易に分かる。読む側としても、わざわざ本を買うよりネットのレポートを見る方が図表も充実していて分かりやすい。ホテルの内部なんて見ていなくても、少し勉強すれば誰でも書けるような内容が続くので、金を出して買った身としてはがっかり。

    唯一なるほど、と感じたのは、満足度を高めリピート客を増やすための「B-LoHaS」という考え方。Brand、Location(立地)、Hard(設備・デザイン)、Soft(サービス)の4つを適切にマネジメントし高めることが重要、ということで、これは筆者の独自性のある内容でもあり、分かりやすかった。

  • ホテルの将来像とかそういった点を見たかったが、過去と現状の話に終始していた。例えば日本には超高級スイート(1泊数百万円)も、1泊数千円のドミトリーもどちらも乏しい。観光立国する上で、どちらも必要だと思うのだが…実務者からそういう話を聞きたかった

  • 旅館とホテルの違いは、トイレの数は「一定数を有する」ことでよく、男女別にする必要がない、入浴施設も近隣に公衆浴場があれば良いなどホテルの比べれば緩い。シティホテルとビジネスホテルの違いの規定はない。東横インは、「1045」全国に店舗出店の意味。2012年3月時点の国内ビジネスホテルチェーンは、
    1位東横イン235軒、2位ルートインホテルズ207軒、3位アパホテル87軒、4位スーパーホテル102軒、5位ワシントンホテルプラザチェーン45軒
    ホテル御三家、帝国ホテル、ホテルオークラ、ホテルニューオータニ
    新御三家、フォーシーズンズホテル椿山荘東京、パークハイアット東京、ウェスティンホテル東京
    新々御三家、マンダリンオリエンタル東京、ザ・リッツ・カールトン東京、ザ・ペニンシュラ東京

  • 設備管理費30%削減を達成して、役員からできるとは思わなかったと驚かれた件が、一番記憶に残った。既成概念を外せば、やれることは多いと参考になった。

  • この45年間で客室数が33倍に急拡大したホテル業界。
    成長を支えた日本独自のビジネスホテルという業態。
    はじめに、なぜ人はホテルが好きなのか、から始まり、おわりにホテルの楽しさは永遠にに締めくくられているのだが、本編は、論理的に章立てられユーモアを交え読者を説得する手法は著者の頭脳明晰さが如何なく発揮されている。
    第1章 現代日本の宿泊事情
    第2章 ホテルは人間動物図鑑
    第3章 コモディティー化するホテルの宿泊料金
    第4章 ホテル経営消滅物語
    第5章 ホテルをプロデュースする
    となっている。
    著者は、不動産業界からホテル経営に職場を変え、現在はホテルオーナーに対するアドバイザーの他、ホテル・不動産市場に関する論説、講演活動を展開されている。
    今後ますます、日本における旅事情が快適になっていくことを期待して、レビューといたします(笑)。

  • 2012年10月10日、初、並、帯無
    2015年3月27日、松阪BF

  • 久々に読んだ残念な本。タイトルに関係あるのは30pくらい。他は四方山話。んー、いまいち。

全31件中 1 - 10件を表示

牧野知弘の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊賀 泰代
三浦 しをん
ウォルター・アイ...
有効な右矢印 無効な右矢印

なぜビジネスホテルは、一泊四千円でやっていけるのか(祥伝社新書295)を本棚に登録しているひと

なぜビジネスホテルは、一泊四千円でやっていけるのか(祥伝社新書295)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

なぜビジネスホテルは、一泊四千円でやっていけるのか(祥伝社新書295)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

なぜビジネスホテルは、一泊四千円でやっていけるのか(祥伝社新書295)を本棚に「積読」で登録しているひと

なぜビジネスホテルは、一泊四千円でやっていけるのか(祥伝社新書295)はこんな本です

ツイートする