リーダーシップ3.0――カリスマから支援者へ(祥伝社新書306)

  • 247人登録
  • 3.63評価
    • (9)
    • (35)
    • (20)
    • (3)
    • (3)
  • 21レビュー
著者 : 小杉俊哉
  • 祥伝社 (2013年2月2日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784396113063

リーダーシップ3.0――カリスマから支援者へ(祥伝社新書306)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 内容がすごく薄かった。

  • リーダシップの今一番ビジネスで求められている形、リーダシップ3.0

  • リーダーシップについて知る必要があったので、その歴史がとてもコンパクトにまとまっていて助かりました。フォードに代表される大量生産が始まった20世紀初頭がリーダーシップ1.0で、今はリーダーシップ3.0が求められているそうです。当然、時代が変われば今度はリーダーシップ4.0に変わるはずですが、それがどのようなものか、この本を読んだ後で考えてみるのも楽しそうです。

  • サーバントリーダーシップなどの、リーダーシップ3.0がこれから求められるということ。
    それに必要な資質もまとめてあり、非常に分かりやすいと思う。
    ただ、残念なフォロワーへの対処が載っておらず、リーダーが空回りしそうな感じはした。この点は今の自分の課題でとあるので、別の本で学びたい。

  • 中村邦男 幸之助神話を壊した男 日経ビジネス文庫

    今世紀に入り、いかに新しいビジネスモデルを創出するか、すなわちいかに新しい価値創造をするかというのが、企業が生き残るための鍵となった

    ヘルマン・ヘッセ 東方巡礼 サーバント・リーダーシップ リードするものは、自分の最も優れたものを与えることによってのみ目標を達成する リードされるものは、個人個人の目的を持たなければ組織に参加してはならない 長く生きようと欲するものは、奉仕しなければなりません。支配しようとするものは長生きしない



    小説家大佛次郎の言葉 どの花もそれぞれの願いがあって咲く


    佐々木則夫監督 成功の反対は失敗でなく、やらないこと

    永平寺 曹洞宗の寺院から上納金 全国14604寺 信者 706万人 セブン-イレブン 10371店より多い
    永平寺の経営は上納金でなりたつ。拝観料、宿泊料、お布施、土産代でなりたってはいない。修行も無料

    日本最大の仏教宗派は浄土真宗
    ただし内訳は浄土真宗本願寺派、真宗大谷派(東本願寺)などの合計

    リーダーは人々がまだ見ていないもの、見えないものを見る。人々がまだ見たこともないものを、あたかも今ここにあるように語り、人々にそれを見せるのだ。
    ビジョンとは、将来像である。将来の明確なイメージを今ここにあるかのようにさまざまに思い浮かべる、visualizeということである

    リーダーになるというように、リーダーになろうと目指すのではなく、その行動の過程としてフォロワーを伴い、結果としてリーダーとなるものなのであろう

    中年の危機はクリエイティブイルネスであり、心が最も成長するときである。今まで自分が身につけてきた、いわゆる勝ちパターンが使えなくなる。そのために自信がなくなる。
    しかし、それは、いままで生きてこなかった、もうひとつに自分を生きる、すなわち新たな自分のアイテンティティを確率するということである。この時期を乗りこえることによって、こころが全体性へと向かい、中年期、老齢期へのさらなる成長へつながるのだ

    シュバイツアー 我々は何かを得ることによって生活しているが、人生は与えることによって豊かになる

    上司は3年かかっても部下を見抜けないが、部下は3日で上司を見抜く

    リーダーは自然体 増田弥生

  • 自らの弱点を認める、直観を信じる、タフエンパシーを実践する、他人との違いを隠さない。

  • 読了。

  • 人事、経営、マネジメントの基礎知識や理論を仕入れるのに良い。ただしそれらに対してのsowhat?は少ない。

    経営がしたい、けれど何のビジネスをしたいのかが不明確な自分にとって「夢や希望、使命」についての言及はその通りだと思った。当然、先見性は大切だが、まず大切にすべきは何を成し遂げたいか。これを少しずつ具現化していくために何をすべきか行動計画に組み込んでいこう。

  • 必要とされるリーダーとは?

    →リーダーはインフォーマルな人間関係に依存するのに対し、マネジメントは組織上の役割である
    リーダーは組織全体にビジョンを共有させると同時に社内外の人とコミュニケーションを取ることで支援する役割を果たす
    リーダーはひとびがまだ見ていないものをあたかもここにあるかのように語り、人びとにそれを見せる
    自分が何者であり、何をこの世の中に残したいのか、どのような人生哲学を持っているかを意識し、また人に語れるようでないとリーダーになり得ない
    ポジティブアプローチとは、自分たちの強み・価値を発見、その強み・価値を活かしてどうありたいか?という最大の可能性を描く、現実的達成状況を共有化する、新しい取り組みを始める

  • まさしく、リーダーシップ3.0。グライナーの示す、部門を越えて会社を超えて協業するビジネスモデルには、リーダーシップモデルも変わってくる。私が最近会った中ではリバネスの丸さんがいい例に思える。

全21件中 1 - 10件を表示

小杉俊哉の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
エリック・リース
デール カーネギ...
クリス・アンダー...
有効な右矢印 無効な右矢印

リーダーシップ3.0――カリスマから支援者へ(祥伝社新書306)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

リーダーシップ3.0――カリスマから支援者へ(祥伝社新書306)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

リーダーシップ3.0――カリスマから支援者へ(祥伝社新書306)を本棚に「積読」で登録しているひと

リーダーシップ3.0――カリスマから支援者へ(祥伝社新書306)の作品紹介

企業や国家の運営が不振に陥ると、必ず起こるのが「カリスマ」リーダーを待ち望む声だ。確かにカリスマは危機を乗り越える強い力を持っている。しかし、本当に必要とされるリーダーは、時代によって変化する。中央集権型のリーダーシップ1.0、変革型のリーダーシップ2.0を経て、現在必要なのは支援型のリーダーシップ3.0だ。本書では、この3.0型のリーダーの特徴や条件、そして実際にどのような企業で実践されているのかを見る。実は、永平寺が長らくこの3.0的運営をしてきたなど、日本はリーダーシップ3.0に向いている国なのである。新たなリーダーの可能性を、この一冊に探る。

リーダーシップ3.0――カリスマから支援者へ(祥伝社新書306)はこんな本です

リーダーシップ3.0――カリスマから支援者へ(祥伝社新書306)のKindle版

ツイートする