肥満遺伝子――やせるために知っておくべきこと(祥伝社新書307)

  • 26人登録
  • 3.55評価
    • (1)
    • (5)
    • (4)
    • (1)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 白澤卓二
  • 祥伝社 (2013年2月2日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784396113070

肥満遺伝子――やせるために知っておくべきこと(祥伝社新書307)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 話は分かりやすい。ケトジェニックになるのをよしとするのはちょっとおっかない。

  • 肥満について遺伝子や生活習慣が大きくかかわっており、それを防ぐためには糖質制限が有効であることを説いた一冊。

    「糖質制限食=ケトン食」について実践的なことが書かれているので、勉強になった。

  • 非常にわかりやすい低糖質食のガイドブックです。糖質によるエネルギー補給をケトン体経由脂肪燃焼によるものに切り替えよう、と。

    どうしても白米、麺などが食べたくなる、というのは砂糖中毒、と断じます。

    3週間のケトンジェニック体質へ変える食事の目安付き。

    2013.4.17 追記

    実際にやってみましたが、疲れにくくなり、結果として集中力が増しました。

全3件中 1 - 3件を表示

白澤卓二の作品

肥満遺伝子――やせるために知っておくべきこと(祥伝社新書307)を本棚に登録しているひと

肥満遺伝子――やせるために知っておくべきこと(祥伝社新書307)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

肥満遺伝子――やせるために知っておくべきこと(祥伝社新書307)を本棚に「積読」で登録しているひと

肥満遺伝子――やせるために知っておくべきこと(祥伝社新書307)の作品紹介

3人に1人が持ち、日本人に多いとされる肥満遺伝子。肥満遺伝子こそ、肥満のメカニズムを理解する重要なカギであり、「太らない生活」を教えてくれる不可欠な要素である。どうすれば、人間はやせられるのか?その答えを求めて、科学的に肥満遺伝子のスイッチをオフにする具体的方法をあきらかにしていく。たとえ、家系的に肥満遺伝子を受け継いだとしても、肥満はコントロールできる。激しい運動など、無理なダイエットも必要ない。3週間の実践プログラムを提示。

肥満遺伝子――やせるために知っておくべきこと(祥伝社新書307)はこんな本です

ツイートする