都電跡を歩く――東京の歴史が見えてくる(祥伝社新書322)

  • 47人登録
  • 3.69評価
    • (3)
    • (3)
    • (7)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 小川裕夫
  • 祥伝社 (2013年6月3日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (339ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784396113223

都電跡を歩く――東京の歴史が見えてくる(祥伝社新書322)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ●:引用

    都電跡の歴史的な建物や場所を紹介するガイドブック風な軽い本かと思っていたら、以外に硬い本だった。

    ●本書は都電を題材にしていますが、一般的な鉄道の話は最小限にとどめています。それよりも、東京の街の成り立ちや社会史、産業史、生活史、文化史といった部分に光を当てることで、都電がこれまで果たしてきた役割を再認識しようと試みました。

  • “都電”は都内のかなり広い地域で、網の目のような路線網が張り巡らされていたのだという。本書はその中の一部を選び、路線の開設や経過、沿線地域の変遷等に関して幅広い話題を展開している。“都電”を入口にしながら「街の歩み」を色々な角度から説いていることになる。非常に興味深い。

  • かつての都電の系統を軸に、東京の歴史、街の形成、衰退などについて本。

    都電をタイトルに持つが、鉄道書ではなく、東京の歴史書に分類されるであろう本。都電はあくまで入り口であり、並べる順序を決めるものであったりと、読んでいくと脇役になっていく。

    単なる鉄道趣味書とは違った切り口の良本。

全3件中 1 - 3件を表示

小川裕夫の作品

都電跡を歩く――東京の歴史が見えてくる(祥伝社新書322)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

都電跡を歩く――東京の歴史が見えてくる(祥伝社新書322)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

都電跡を歩く――東京の歴史が見えてくる(祥伝社新書322)を本棚に「積読」で登録しているひと

都電跡を歩く――東京の歴史が見えてくる(祥伝社新書322)はこんな本です

ツイートする