梅干と日本刀 日本人の知恵と独創の歴史(祥伝社新書)

  • 99人登録
  • 3.61評価
    • (4)
    • (12)
    • (10)
    • (1)
    • (1)
  • 10レビュー
著者 : 樋口清之
  • 祥伝社 (2014年6月2日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (255ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784396113698

梅干と日本刀 日本人の知恵と独創の歴史(祥伝社新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 昭和49年に発行された比較文化論の復刻。
    著者自身がまえがきに「一片のノートも参考書も手許になく話しているので、あるいは誤りもあるかもしれないが、ご教示を願いたい」と書いているので正確性には言及しないでいただきたい。
    著者が考古学者ということもあって、その手の話が結構でてくる。
    正確性をぬきにしても、面白く読めたし、あらゆるところに目を向けている感受性には驚く。
    褒めすぎだろう、そこは偶然だろう――と思うところもあるが、逆にそれらが事実どういう経緯をたどって現在に至ったかに興味が出てくる。

    まったくの蛇足ですが、途中、女紋について言及されていたが、あれは関西の風習だと聞く。
    実際、私の住むところでは女紋は使われていない。

  • やたらと日本文化偏向のきらいがあるように感じられましたが、
    著書が書かれたのは、敗戦後、日本文化よりも欧米文化を優れていると信じ、「日本嫌いの日本人」になっていた人が多かったというバックグラウンドがあったと知り、
    著者が必死に主張しようとしている日本文化の良さがストンと落ちてきます。

    現代の科学に当てはめて、本当に正しいかは別として、
    筆者なりに仮説を立て、色々調べたことなどが書かれているので内容は興味深いです。

    ただ、著書では頻繁に”日本の科学性”と出てきて困惑しますが、いわゆる西洋の科学(=総合的な経験を分析して公式化すること)とは区別して読み進める必要があります。

    また、著者が紹介する日本文化は衣食住農業等々、多岐に渡り、
    混在している感もあるので、「衣」「食」「住」などカテゴリ分けして書いてくれた方がより理解できた気がします。

  • 日本人の柔軟性、工夫や研究熱心なことを改め
    が印象に残ったて知らされた。米食における梅やみその効能、コークスがない中での日本刀の製錬技術、そして何より西洋四味、中国五味、日本は六味が印象に残った。

  • 配置場所:摂枚普通図書
    請求記号:210.04||H
    資料ID:95160084

    地震があっても、なぜ城の石垣は崩れない?世界の酒で、なぜ日本酒だけが温めて飲むのか?
    日本人の知恵と独創的な発明や工夫が紹介されています。近年復刊された素晴らしい本です。
    (生化学研究室 大塚正人先生推薦)

  • かなり日本を持ち上げていますが書かれた時代を思えばそれも必要だったかも知れない、と思われる本でした。

    海外から入った技術や文化を換骨奪胎する日本人の器用さ、連綿と続く測量等の技術は確かに素晴らしいとは思います。
    しかし、現在では一歩間違えばナショナリズムに利用されそうな怖さもありました。

  • 今の日本人は少なからず外国にコンプレックスを持っているのではないだろうか。特に欧米に対して。今の世界が欧米の価値基準に支配されているから仕方ないかもしれない。しかし、樋口清之は日本人が欧米人に劣らず素晴らしい知恵を持って生活していたかを一つ一つ紐解いていく。読んでいてとても楽しい。600こちら情報部で子供の質問に答えてるみたいに、とても優しく日本人を語っている。

  • 考古学者として有名な樋口清之氏の名著である。
    本書は、欧米的な価値観(いわゆる合理主義や科学至上主義)にのみ価値を見いだし、日本文化に対する自虐的否定的な物の見方に警鐘をならすことを意図して書かれている。

    樋口氏は日本文化について、一見すると不合理で非科学的なものに見えるが、実は厳しい自然条件に柔軟に対応した合理的科学的なものであったとし、「不合理の合理」と紹介している。

    日本文化は日本の風土に合わして進化・改良したものであり、欧米の風土の中で培われた文化に偏重するのは如何なものか、という氏のメッセージは現代社会においても未だに重要な示唆に富むものだ。

    くれぐれも本書を読んで、偏ったナショナリズムに陥らないよう注意してもらいたい。それは著者の意図に反したものなので。

  • ずいぶん日本を持ち上げるなぁ……もっと淡々と書いてくれたらいいのに、と思ったが、後書きまで読むと最初にこの本が出版されたときはそれが必要な時代背景だったのかもしれない、と思った。

  • 20141215読了。
    私が生まれるよりも前に書かれた日本文化論だが、全く古さを感じさせず、今に通じるものがあった。
    最近の「おもてなし」ブームにより、クールジャパンを発信しよう、外国のお客様に日本の良さを伝えよう、日本は素晴らしい!という風潮から復刊されたと思われるのだが、日本の食文化をはじめ、様々な文化について、自分が見ていた視点とは違う高さや角度から見ることができた。
    すべてにおいて日本はこんなに素晴らしい、日本人であることを誇りに思おうということが多いため若干辟易する面もあるが、発刊された時代から考えると納得できる面もある。

全10件中 1 - 10件を表示

樋口清之の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
佐々木 圭一
又吉 直樹
ヴィクトール・E...
有効な右矢印 無効な右矢印

梅干と日本刀 日本人の知恵と独創の歴史(祥伝社新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

梅干と日本刀 日本人の知恵と独創の歴史(祥伝社新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

梅干と日本刀 日本人の知恵と独創の歴史(祥伝社新書)はこんな本です

梅干と日本刀 日本人の知恵と独創の歴史(祥伝社新書)の新書

梅干と日本刀 日本人の知恵と独創の歴史(祥伝社新書)の新書

ツイートする