腸を鍛える――腸内細菌と腸内フローラ (祥伝社新書)

  • 31人登録
  • 4.00評価
    • (1)
    • (3)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 光岡知足
  • 祥伝社 (2015年10月2日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784396114381

腸を鍛える――腸内細菌と腸内フローラ (祥伝社新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • - さまざまな乳酸菌のなかで、人の腸内で優勢になるのはビフィズス菌のみ

    - 善玉菌: 糖を餌にして増殖 発酵を促す
    - 悪玉菌: タンパク質を餌にして増殖する 腐敗を促す

    - 善玉菌が全体の2割に達すると良好な健康状態が保てる
    - 生きた菌より餌を摂取したほうが腸内フローラの改善はスムーズに進む

    - 光岡先生の朝食: ヨーグルト無糖低脂肪 + ブルーベリー きなこ + ビタミンC, 食物繊維サイリウムのサプリ

    - 生きた菌を届ける、ビフィズス菌にこだわるは重要でない。菌種より数のほうが大事
    - 排泄時間 アフリカ36時間 イギリス73時間

    - オリゴ糖はビフィズス菌のエサ 腸内フローラを改善

    - プロバイオティクス 生きた菌
    - プレバイオティクス 小腸で分解吸収されない、大腸で共生するビフィズス菌の増殖を促す。食物繊維やオリゴ糖

    - 便秘改善法
    - 野菜果物海藻を中心に食物繊維の多い食事
    - 朝一番に水を飲み、胃腸反射をうながす
    - 起床後、軽い運動や散歩など体を動かす
    - 便意があったら、がまんせずトイレへ
    - 気分転換でストレス緩和

  •  健康に大事なのは、「腸内細菌のバランス」。
     著者は、ビフィズス菌(=善玉菌)が一定の割合で棲息していると、腸内環境が良好な状態に保たれることを突き止めました。
     本書は、腸内でのビフィズス菌の働きを説明し、ビフィズス菌を増やすことで腸内環境を改善する方法をまとめた一冊です。

     詳細なレビューはこちらです↓
    http://maemuki-blog.com/?p=7123

全2件中 1 - 2件を表示

光岡知足の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジャレド・ダイア...
宮下 奈都
クリス・ギレボー
有効な右矢印 無効な右矢印

腸を鍛える――腸内細菌と腸内フローラ (祥伝社新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

腸を鍛える――腸内細菌と腸内フローラ (祥伝社新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

腸を鍛える――腸内細菌と腸内フローラ (祥伝社新書)はこんな本です

ツイートする