石原莞爾の世界戦略構想(祥伝社新書460)

  • 47人登録
  • 3.78評価
    • (2)
    • (3)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 川田稔
  • 祥伝社 (2016年3月31日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (408ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784396114602

石原莞爾の世界戦略構想(祥伝社新書460)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 満州事変,日中戦争を中心に石原莞爾の思想と行動をまとめている.

  • 陸軍における石原莞爾にフォーカスしており、最終戦争論にも触れているが、主な流れは、満州事変から日中戦争までの、陸軍が国を誤った経緯となっている。国家的リーダーの不在、軍の暴走、すなわち下克上の端緒となったのが、満州事変の際の石原達の独断専行だったが、結局、自らの軍規違反が後年、部下の「規範」になってしまい、戦争を止められなくなる。しかも国家総動員とか総力戦が唱えられた時代だったが、陸軍一つとっても派閥争いに明け暮れ、石原もやがて部内闘争に敗れ、満州国以後に責任を果たさないまま、表舞台から去っていく。最終戦争論の価値は変わらなくとも、より学ぶべきは、1930年代、各組織が好き勝手した挙句、国家が体を成さなくなった病根についてだろうと感じた。

全2件中 1 - 2件を表示

川田稔の作品

石原莞爾の世界戦略構想(祥伝社新書460)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

石原莞爾の世界戦略構想(祥伝社新書460)を本棚に「積読」で登録しているひと

石原莞爾の世界戦略構想(祥伝社新書460)はこんな本です

石原莞爾の世界戦略構想(祥伝社新書460)のKindle版

ツイートする