渡来氏族の謎(祥伝社新書)

  • 14人登録
  • 3.00評価
    • (0)
    • (0)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 加藤謙吉
  • 祥伝社 (2017年7月4日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (320ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784396115104

渡来氏族の謎(祥伝社新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 鉄器生産と軍事力を担った東漢氏、同様の技術を担ったと推察されるが東(やまと)側に押されて衰退した西漢氏、絹織物から始まり天皇政府のクラの管理を担った秦氏、文字と文筆記録で貢献したフミヒト系など、大和朝廷の権力の確立には、軍事・行政の実務を担った渡来氏族たちの貢献が見逃せない。筆者は記紀史観に沿って、土着の大和朝廷が渡来人たちを有力豪族に配分したのだとするが、天皇家も天孫族も渡来氏族も、歴史の流れで中で列島に渡来し、土着勢力を駆逐して高度な支配体制を確立した、と見る方が無難だろう。

全1件中 1 - 1件を表示

加藤謙吉の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

渡来氏族の謎(祥伝社新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

渡来氏族の謎(祥伝社新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

渡来氏族の謎(祥伝社新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

渡来氏族の謎(祥伝社新書)はこんな本です

ツイートする