紅(あか)と蒼の恐怖―ホラー・アンソロジー (ノン・ノベル)

  • 15人登録
  • 3.13評価
    • (0)
    • (1)
    • (7)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 菊地秀行
  • 祥伝社 (2002年8月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (258ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784396207472

紅(あか)と蒼の恐怖―ホラー・アンソロジー (ノン・ノベル)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • (収録作品)嗜虐(五十嵐貴久)/蘆薈(小川勝己)/蝕む影(菊池秀行)/心の眼鏡(北川歩実)/分析不能(倉阪鬼一郎)/UM(黒武洋)/毒殺(柴田よしき)/ドキュメント糟ロード(牧野修)/砲丸のひと(森青花)

  • 紅=スプラッタ、蒼=サイコな恐怖小説集、ということで。
    全体的には、「蒼」のほうが良いものが多かった。というのも、「スプラッタ」というにはこんなの甘い、まだまだっ! てな感じで(笑)。だってこの作品、ほとんどただの「エログロ」レベルで、しかも前者のほうばっかに重点置いてるし。「殺人鬼」クラスに「痛い」「純粋な」スプラッタって、なかなかないなあ。
    「蒼」の部。北川歩実「心の眼鏡」の壊れっぷりが、いちばん現実として感じられる「身近」な恐怖。一方で森青花「砲丸のひと」は怖くないけれど、奇妙な感覚で面白い一作。

全2件中 1 - 2件を表示

菊地秀行の作品

紅(あか)と蒼の恐怖―ホラー・アンソロジー (ノン・ノベル)を本棚に登録しているひと

紅(あか)と蒼の恐怖―ホラー・アンソロジー (ノン・ノベル)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

紅(あか)と蒼の恐怖―ホラー・アンソロジー (ノン・ノベル)を本棚に「積読」で登録しているひと

紅(あか)と蒼の恐怖―ホラー・アンソロジー (ノン・ノベル)はこんな本です

ツイートする