殺人現場はその手の中に―本格痛快ミステリー (ノン・ノベル―天才・竜之介がゆく!)

  • 91人登録
  • 3.17評価
    • (2)
    • (7)
    • (49)
    • (1)
    • (0)
  • 8レビュー
著者 : 柄刀一
  • 祥伝社 (2005年2月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (270ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784396207915

殺人現場はその手の中に―本格痛快ミステリー (ノン・ノベル―天才・竜之介がゆく!)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • このシリーズ、以前は買って読んでいたのだが、お金が無くなって休止。今回、図書館の力を借りることにより7~8年ぶりに再開することにした。基本的には短編集なのだが、大きな流れがバックにあるので、早く次を読みたい気分。でも久しぶりなので、これ以前の巻を読み直すのもよいかな。我孫子市天王台という、縁の深い地名が出てくる話もあったし…。

  • これはあえて、あらすじを見ずに読むことをお薦めしますよ。何故かって? わけは……うふふ。読めば分かります。
    龍之介シリーズサブキャラ総出演、といった感(だけど「どうする卿」は出てないのね)。だけどキャラものではなくって、しっかりじっくり謎がびっしり。軽そうに見えて侮れないよなあ、このシリーズ。
    好きな一作は「溝の中の遠い殺意」。この「扇に殺された」という部分がかなり好き。ここに垣間見える悪意の恐ろしさってのも好きだなあ。

  • 2005年3月15日読了

  • 【STORY】
    “癒し系”名探偵・天地龍之介、ますます好調の最新作!
    トリックは〈ページ〉に隠されている!
    この本を手に取る皆様へ
    24、25、28、29、32ページにご注目!
    謎の「刻印」があなたを事件へと導きます
    IQ190の超天才…の割にはちょっと惚(とぼ)けた名探偵天地龍之介。“学習プレイランド”建設のため、協力を求めて訪れた科学研究所で、一冊の本から血痕が見つかった。半年前に失踪、その後他殺体で発見された所員・安場(やすば)の血液だった。本の著者は安場が激しく対立していた人物。被害者のメッセージなのか? しかし失踪当時、まだその本は出来あがっていなかったのだ。いつ、どのように血痕は付着したのか? 事件発生の時間と場所をめぐる謎。奇妙な事件に、龍之介の高速頭脳がフル回転!
    〈著者のことば〉
    ミステリー小説における殺人現場は、もちろん小説世界の中にあります。しかし、「その本」が実際に、現実の殺人現場へ誘うとしたら……。



    ......................................................

    最近このシリーズしか読んでないなぁ(笑)一美さんがヤキモチ妬くなんて!!っていうのが一番ですかね^^;忙しいときはライトがいいっすね!でも着々と話は進んでます。

    <div class="booklog-all" style="margin-bottom:10px;"><div class="booklog-data" style="float:left; width:300px;"><div class="booklog-title"><a href="http://www.amazon.co.jp/gp/redirect.html%3FASIN=4396207913%26tag=narysbookdepo-22%26lcode=xm2%26cID=2025%26ccmID=165953%26location=/o/ASIN/4396207913%253FSubscriptionId=08M7KT9XDNR3N95ANHR2/ref=nosim" target="_blank">殺人現場はその手の中に―本格痛快ミステリー (ノン・ノベル―天才・竜之介がゆく!)</a></div><div class="booklog-pub">柄刀 一</div><div class="booklog-info" style="margin-top:10px;">Amazonランキング:353004位<br>Amazonおすすめ度:<img src="http://booklog.jp/img/0.gif"><br></div><div class="booklog-link" style="margin-top:10px;"><a href="http://www.amazon.co.jp/gp/redirect.html%3FASIN=4396207913%26tag=narysbookdepo-22%26lcode=xm2%26cID=2025%26ccmID=165953%26location=/o/ASIN/4396207913%253FSubscriptionId=08M7KT9XDNR3N95ANHR2/ref=nosim" target="_blank">Amazonで詳細を見る</a><br><a href="http://booklog.jp/asin/4396207913/via=naryurin" target="_blank">Booklogでレビューを見る</a> by <a href="http://booklog.jp" target="_blank">Booklog</a><br></div></div><br style="clear:left"></div>

  • 本自体に仕掛けがあるとゆー点で、面白かった。
    このシリーズも、どんどん月日が経っていくな〜と思ったり。
    で、学習プレイランドの場所はココになったわけですね〜。
    私も、メールで推薦地を送ったんですが、こちらの方は…何か、違う設定と言いますか、うん、イメージを使うのかわからないですが、感謝状(?ちょっとした手紙)が来たので嬉しかったです。
    その節はありがとうございました。

  • 本体に作中と同じ仕掛けの「染み」付。

    カバー&本文イラスト / 緒方 剛志
    装幀 / 中原 達治
    初出 / 『小説NON』2003年12月号、2004年3月号・6月号・9月号

  • 天才・龍之介シリーズ。
    今回も多彩な知識をふんだんに見せてくれてます。ほとんどが分からないものだったりしますが。
    いつの間にか龍之介に期待している自分がいます。

全8件中 1 - 8件を表示

柄刀一の作品

殺人現場はその手の中に―本格痛快ミステリー (ノン・ノベル―天才・竜之介がゆく!)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

殺人現場はその手の中に―本格痛快ミステリー (ノン・ノベル―天才・竜之介がゆく!)を本棚に「積読」で登録しているひと

殺人現場はその手の中に―本格痛快ミステリー (ノン・ノベル―天才・竜之介がゆく!)はこんな本です

ツイートする