なみだ特捜班におまかせ!―サイコセラピスト探偵 波田煌子 (ノン・ノベル)

  • 82人登録
  • 3.24評価
    • (3)
    • (15)
    • (27)
    • (3)
    • (3)
  • 18レビュー
著者 : 鯨統一郎
  • 祥伝社 (2005年10月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (258ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784396208073

なみだ特捜班におまかせ!―サイコセラピスト探偵 波田煌子 (ノン・ノベル)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • パラレルワールドかと思えば、前作の続きだった。悩み相談なら「こういうこともあるかも」と思えたが、猟奇殺人を解決、となると荒唐無稽すぎる。次は塾の先生になるのだろうか?

  • この作者の作品を読むのは初めてで…
    (なんて、軽薄そうなタイトル!)と、思いながら開いてみたら、あっという間に読み終わってしまい、通勤1回分に丁度かと
    ミステリーなんてものは無視して、なごみキャラを気楽に楽しめれば、勝ち(?)
    あらためて、シリーズ第1作から読んでみようと思ってます

  • 主人公は波田煌子(なみだきらこ)
    以前は「なみだ研究所」というメンタル・クリニックの院長で活躍していた。
    今回は、警視庁の特捜班で、7つの猟奇事件を解決する。
    事件を一つ解決するたびに、波田煌子の左目から、ひとすじ涙が流れ落ちる。

    「おそらく十代だと思われる幼い顔をしているが、服装はどこか野暮ったい」
    でも本当の年齢は23歳(らしい)
    女性探偵・・・というほど華々しい活躍をするわけではない。もちろん危機に陥ることはない。
    容疑者との「コロンボ」っぽいやりとりもあるが、波田煌子は計算ではなく天然。
    「トリック」のようでもあるが、波田煌子はもっとまじめな感じ。
    それでいて、最後には彼女が真犯人をぴたりと当てる。

    鯨統一郎の中では好きなキャラクタのひとりである。

  • クソだな!

  • 前作のほうがおもしろかった。なんだかほんわかしたきらこちゃんはそのままだけど、事件がエグすぎるなー。
    結末は予想どおりだったけど。

  • 感想はブログにて。

  • 前回はメンタル・クリニックでセラピストとして活躍していた煌子が、今回は警視庁特捜班のプロファイラーへと転身しています。

    確かに煌子の活躍で事件は解決しているのだけれど、警視庁と言う場所柄ゆえか、どうしてもふざけているとしか思えない…。個人的には前作のような「日常の謎」が好きです。煌子がプロファイラーというのには、ちょっと無理があったんじゃないかなぁ…。事件の内容や真相などは、特に可も無く不可も無くという感じでした。

  • 前作よりも「事件」は格段にグレードアップしてるぞ。猟奇殺人、しかも状況が常軌を逸してるようなやつばっかりだし。これは前回みたいな駄洒落では解けんだろう、と思っていましたら。
    ……ちょっと解釈が飛躍しすぎじゃないか、と思う部分は確かにある。だいたい全然捜査上に挙がっていない人物がラストでぽんと出てきちゃうしな。けれどなーんか納得。メインは「ホワイダニット」だし。個人的には前作より面白かった。
    好きなのは「涙の海岸物語」。「ホワイダニット」部分が格段に哀しかったなあ、と印象的だった一作。そして状況が一番凄まじかったのは「涙のサヨナラホームラン」だな。これはちょっと……想像できない。

  • 煌子さんがホケホケしているのに、次々と事件を解いていく。
    キャラクターもそれぞれ個性があってさっくり読めます。

  • <DIV style="background-color : white ;color :black ;padding : 8px 8px; border : 1px inset #ddd; margin : 0px 5px;">強引、適当勝手なプロファイル。そこが楽しい。</DIV>
    <h5>出版社 / 著者からの内容紹介</h5>
    ぼく花山仁は迷宮入り事件を捜査する特捜班に配属された。憧れの刑事になれたと喜んだのも束の間、他のメンバーを知って愕然とする。囮捜査で左遷された前泊ナナ、定年間近の久保主任…。要は警視庁のお荷物軍団なのだ。極めつけは波田煌子とかいう犯罪心理分析官。野暮な容姿と惚けた言動。プロファイルはおろか心理学についての知識さえ覚束ない。「エレベーターガール生首ゴロリ事件」「プロ野球スモール人形殺人事件」など、立ちはだかる七つの難事件をぼくらは解決できるのか。

全18件中 1 - 10件を表示

鯨統一郎の作品

なみだ特捜班におまかせ!―サイコセラピスト探偵 波田煌子 (ノン・ノベル)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

なみだ特捜班におまかせ!―サイコセラピスト探偵 波田煌子 (ノン・ノベル)を本棚に「積読」で登録しているひと

なみだ特捜班におまかせ!―サイコセラピスト探偵 波田煌子 (ノン・ノベル)はこんな本です

ツイートする