水妖日にご用心―薬師寺涼子の怪奇事件簿 (ノン・ノベル)

  • 385人登録
  • 3.39評価
    • (24)
    • (33)
    • (94)
    • (12)
    • (2)
  • 46レビュー
著者 : 田中芳樹
制作 : 垣野内 成美 
  • 祥伝社 (2007年12月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (216ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784396208400

水妖日にご用心―薬師寺涼子の怪奇事件簿 (ノン・ノベル)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 【67】

  • 薬師寺涼子シリーズ。

    舞台になっているテーマパークや政治家のモデルがわかってしまうのは、あからさまに書かれているからか、私の年のせいなのか、どっちだろう…。

  • 【本日の薬師寺涼子】
     「東京都民の血税で買いこんだ防弾ガラスとデスクを、よくもこわしてくれたな。この納税者の敵め。あたしが毎年いくら都民税を払っていると思うんだ!」

  • 読了。

  • 来日したメヴァト王国の王子カドガに対するいやがらせのためにサナドゥ・ランドを夜間貸し切った薬師寺涼子。涼子を説得に来た漫画好きの外務大臣。ザナドゥ・ランドを訪れたカドガと取材陣たち。カドガを襲う暗殺者。殺された影武者。メヴァド王国に起きたクーデターの秘密。メヴァド王国の伝わる人肉を食うゴユダの伝説。カドガを暗殺しようとしたサリー・ユカリ・トルシンガの正体。警視庁を襲うサリーと涼子の対決。サリーを助けようと戦いの中に乱入するカドガ。

  • 南アジア某国の王子様が来日した。ハンサムでスポーツマン、資産はじつに三兆ドル。日本中の女性が大さわぎする中、マンガしか読まない外務大臣の頼みで、巨大テーマパークの貸し切り権を王子に譲った薬師寺涼子警視。そこで惨劇は起こった。人気キャラクター半魚姫に扮した美女に王子様がおそわれたのだ。テロリストの動機は王位をめぐる暗闘か、膨大な地下資源にからむ争いか、それとも復讐か?
    雷鳴とどろき、豪雨が東京を水没させる中、警視庁の破壊美神・涼子が忠臣・泉田準一郎を従えて暗殺者を追う。

  • 政治批判も甚だしい。話のスパイス程度ならともかく、あまりにも前面に出すぎてしまっており、興ざめしてしまった。

    あと、ディズニーランドが嫌いなのもよく分かった。

  • どんだけディズニーランド嫌いなんだ……と、特段ディズニーファンでもないのに辟易してしまいました。作者の思想が見え隠れどころか、キャラクターまで食っちゃっているのは宜しくないです。警視庁内が大変!というシチュエーションも『夜光曲』と被るし、敵が人間のフリをした怪人である点も既に食傷気味。つまらないわけではないけれど、このマンネリ具合はなんとかしてほしい。

  • 今まで以上に政治批判が強くて、それでいて内容は薄かったような気がする。…もっとも、このシリーズで内容が濃かったものなど存在するのか。

全46件中 1 - 10件を表示

水妖日にご用心―薬師寺涼子の怪奇事件簿 (ノン・ノベル)を本棚に登録しているひと

水妖日にご用心―薬師寺涼子の怪奇事件簿 (ノン・ノベル)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

水妖日にご用心―薬師寺涼子の怪奇事件簿 (ノン・ノベル)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

水妖日にご用心―薬師寺涼子の怪奇事件簿 (ノン・ノベル)を本棚に「積読」で登録しているひと

水妖日にご用心―薬師寺涼子の怪奇事件簿 (ノン・ノベル)の作品紹介

南アジア某国の王子様が来日した。ハンサムでスポーツマン、資産はじつに三兆ドル。日本中の女性が大さわぎする中、マンガしか読まない外務大臣の頼みで、巨大テーマパークの貸し切り権を王子に譲った薬師寺涼子警視。そこで惨劇は起こった。人気キャラクター半魚姫に扮した美女に王子様がおそわれたのだ。テロリストの動機は王位をめぐる暗闘か、膨大な地下資源にからむ争いか、それとも復讐か?雷鳴とどろき、豪雨が東京を水没させる中、警視庁の破壊美神・涼子が忠臣・泉田準一郎を従えて暗殺者を追う。長編新伝奇小説、書下ろし。

水妖日にご用心―薬師寺涼子の怪奇事件簿 (ノン・ノベル)の文庫

ツイートする