消滅島RPGマーダー―長編痛快ミステリー (ノン・ノベル―天才・竜之介がゆく! (844))

  • 79人登録
  • 3.30評価
    • (1)
    • (8)
    • (24)
    • (0)
    • (0)
  • 10レビュー
著者 : 柄刀一
  • 祥伝社 (2008年2月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (340ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784396208448

消滅島RPGマーダー―長編痛快ミステリー (ノン・ノベル―天才・竜之介がゆく! (844))の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 柄刀さんのライトノベル寄りのシリーズ。
    竜之介くん可愛いの♪
    トリックは面白い! し、嵐の孤島ってのが基本的に好きなのでそれも嬉しいしw
    しかし文章から地形や情景が思い浮かばないと理解が苦しいテーマなので、そのあたりもうちょっと親切だとありがたいッス……

  • このシリーズだからそんなおかしな設定はないだろうな、と思いつつも。「RPG」部分にはかなりどきどきさせられてしまいましたよ。なるほど、そういうことでしたか! これ、かなりいい終わり方だなあ。
    「島が消える謎」もさながら、一番「おお!」と目からウロコが落ちたのは、「消えた人物の謎」。まさかそういうからくりがあったとは! 思い切り悩まされた挙句、思い切り納得させられてすっきりしました♪
    でもやはり物理苦手な私。天船の謎が理屈ではわかっても、感覚ではいまいちわかりません(爆)。な、なぜ落ちないの……?

  • 墓参りに戻ってきた島で、出会った集団。
    彼も彼女も、すべて違う目的でやってきていた。
    小さな謎に、大きな謎。
    消えてしまった全ては、一体どこに?

    長編な上に、かなりの長さです。
    読んでいくうちに、段々と訳が分からなくなってきて
    どれがヒントでどれが繋がっているのかちっともです。
    いつもの通り、解答編を読んで、あぁ! と思う状態でw

    しかし、最後の落ちにはびっくり(?)です。
    一体これは誰なんだろうと思っていましたが。
    お騒がせな人達だな…と。
    ちょっとほのぼのしてしまいました。

  • 天才・竜之介がゆく! 最新刊
    全作もってます

  • 【STORY】
    聖なる島を訪れた天地竜之介は、奇妙な言い伝えを知る。沖に浮かぶ小島が消えた、それは真実なのか? ところが、伝承どおりに怪事は起こり、不可解な出来事が続く。やがて孤立状態となった島で信じがたい大異変が…。


    ......................................................

    ん〜、内容は面白いと思うんだけど…正直、途中に入るRPGをしてる男女の声はいらなかったかな・・・・と。
    最後のページでしか、2人(というか、女性)の存在価値がなかった気がする。そのへんがちょっと残念!

  • やっぱりクロスワードが最高傑作かなあ…。

  • 【聖なる島を訪れた天地竜之介は、奇妙な言い伝えを知る。沖に浮かぶ小島が消えた、それは真実なのか? ところが、伝承どおりに怪事は起こり、不可解な出来事が続く】

    久しぶりに読んだ竜之介シリーズ。
    トリックがとても大掛かり?なので、少し分かりづらい部分もあり図がほしかった。
    ストーリーはおもしろいし、モチーフに使われたゲームの意図が分かった時はスッキリ。

  • あいかわらず龍之介君やってくれます。
    あるはずの島の消滅のトリック。

    イラストレーション / 緒方 剛志
    カバーデザイン / かとう みつひこ

  • 龍之介シリーズの長編第三弾、早くも長編タイトルのルールが変わってしまった……。不可解トリックは、やはり冴えている。

  • 2008/02/11読了

全10件中 1 - 10件を表示

柄刀一の作品

消滅島RPGマーダー―長編痛快ミステリー (ノン・ノベル―天才・竜之介がゆく! (844))を本棚に「読みたい」で登録しているひと

消滅島RPGマーダー―長編痛快ミステリー (ノン・ノベル―天才・竜之介がゆく! (844))を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

消滅島RPGマーダー―長編痛快ミステリー (ノン・ノベル―天才・竜之介がゆく! (844))を本棚に「積読」で登録しているひと

消滅島RPGマーダー―長編痛快ミステリー (ノン・ノベル―天才・竜之介がゆく! (844))はこんな本です

ツイートする