命のロウソク―日本人に救われたユダヤ人の手記 (祥伝社黄金文庫)

  • 15人登録
  • 4.50評価
    • (3)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
制作 : Solly Ganor  大谷 堅志郎 
  • 祥伝社 (2002年6月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (483ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784396312985

命のロウソク―日本人に救われたユダヤ人の手記 (祥伝社黄金文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 人生とは何かを考えさせられた良書。時間を大切に真剣に生きていきたい。

  • 「こんな具合にすれば、何人かは生き残るのではとみんなが同意し、家族を分散したのだった。」

    ナチスドイツの迫害から生き残ったユダヤ人少年の話。少年版アンネの日記と言われている。私はアンネの日記も読んだ経験があるが、こちらのほうが不適切かもしれないが面白かった。

    この環境で生き残れたは大変な幸運であろう。より具体的にゲットー内での出来事が書かれており、それへの対処も書かれているので興味深かった。読んで、大変だったのは分かったが、私の想像を遥かに上回る困難であったのだろう。これを頭で理解するのは無理だ。

    しかし、それでも同じ悲劇を繰り返さないために歴史を学ぶ必要はある。この本はぜひ多くの人に読んでもらいたい。


    ヘミングウェイの『武器よさらば』よりも断然面白い。

  • ソリー・ガノール著

  • 悲しく、そして暖かいもの。
    人間であるべく姿みたいな・・・。

全4件中 1 - 4件を表示

ソリー・ガノールの作品

命のロウソク―日本人に救われたユダヤ人の手記 (祥伝社黄金文庫)を本棚に登録しているひと

命のロウソク―日本人に救われたユダヤ人の手記 (祥伝社黄金文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

命のロウソク―日本人に救われたユダヤ人の手記 (祥伝社黄金文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

命のロウソク―日本人に救われたユダヤ人の手記 (祥伝社黄金文庫)はこんな本です

ツイートする