中国ODA6兆円の闇―誰のための、何のための「援助」なのか!? (祥伝社黄金文庫)

  • 19人登録
  • 3.44評価
    • (1)
    • (2)
    • (6)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 青木直人
  • 祥伝社 (2003年8月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (229ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784396313302

中国ODA6兆円の闇―誰のための、何のための「援助」なのか!? (祥伝社黄金文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 「日本の中国・ODA」 青木直人(著) 祥伝社

    この本を読んでいると、
    日本のODAは、一体なにをしているのかと思ってしまう。

    円借款で2兆7000億円。
    日中青年交流センター  103億円
    日中友好環境保全センター 105億円
     
    周恩来 中日友好協会 寥承志 ー 田中角栄 
    胡耀邦 ー 中曽根
    王震  中日友好協会名誉会長 ー 鄧小平
    鄧小平の子供が5人いて、配偶者を合わせると10人となる。
    そのうち、ODAに関係するのは、4人。

    日本のルートが特殊なような気がする。
    基本的には、政治がらみというべきなんでしょうね。

  • 「税金」を支払いたくなくなる著作の一つです。

  • 中国ODAの現状を理解できた。衝撃的であったのは、1)本供与が「外交カード」となっていないこと、2)中国政府が日本からのODA供与を国民に知らせないこと、3)中国政府が日本からのODA供与を戦争賠償金と位置付けていることであった。少なくともODA供与が日本の「外交カード」にできなければ、実施する意味はないとの著者主張に同意できた。

全3件中 1 - 3件を表示

青木直人の作品

中国ODA6兆円の闇―誰のための、何のための「援助」なのか!? (祥伝社黄金文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

中国ODA6兆円の闇―誰のための、何のための「援助」なのか!? (祥伝社黄金文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

中国ODA6兆円の闇―誰のための、何のための「援助」なのか!? (祥伝社黄金文庫)はこんな本です

ツイートする