今日のご遺体 女納棺師という仕事 (祥伝社黄金文庫)

  • 48人登録
  • 3.06評価
    • (1)
    • (4)
    • (7)
    • (5)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 永井結子
  • 祥伝社 (2009年6月12日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784396314866

今日のご遺体 女納棺師という仕事 (祥伝社黄金文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 女納棺士さんの実にリアルなお葬式に関するあれこれが書かれています。
    ブログから書籍化された本のようです。

    お葬式の時に最初から最後までそのお仕事をつぶさに観察したことがありますが、その時はバクゼンと「大変そう。笑っちゃいけないところがまず無理」と思いましたが・・・・

    想像を絶する大変さです。おくりびとではみられない思わず顔をしかめたくなるようなリアルな日々がユーモアあふれる文章で書かれています。

    でも・・・彼女はこの仕事に誇りと愛情を持って接していることに感動します。
    美しい花嫁さんをキレイにする仕事と同じくらい・・・いや、それ以上にご遺体を美しく・・そして、心をこめておおくりする・・・
    納棺士さまたちを尊敬。
    そして・・・父を美しく、かぎりなく優しく送ってくださり感謝・・・・・です。

  • 同業として読んだ。知った話は多かったが、やっぱり湯灌してる人からのご遺体に対する気持ちは生半可じゃないなと実感。
    少しでも、喪家、担当の方たちに寄り添った裏方になろうと思った。

  • 借り物/ブログを書籍化したものらしく、さらっと読めました。ウンウン頷けるところあり、エッそんなことが…!というところあり、施行中オモテには出さない一面を垣間見れて、おもしろかった。技術的なことより精神的な描写のほうが多く、(どんな仕事でもそうだろうけど)ひとつのことを続けていくと知らず知らずのうちに磨り減っていきそうな「芯」がぶれていない、素敵なひとだなと思いました。

全4件中 1 - 4件を表示

今日のご遺体 女納棺師という仕事 (祥伝社黄金文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

今日のご遺体 女納棺師という仕事 (祥伝社黄金文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

今日のご遺体 女納棺師という仕事 (祥伝社黄金文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

今日のご遺体 女納棺師という仕事 (祥伝社黄金文庫)はこんな本です

ツイートする