下世話の作法 (祥伝社黄金文庫)

  • 284人登録
  • 3.88評価
    • (27)
    • (43)
    • (26)
    • (5)
    • (1)
  • 37レビュー
  • 祥伝社 (2011年9月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (241ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784396315542

下世話の作法 (祥伝社黄金文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 「貧乏と下品も、突き詰めれば品格を持つ」たけしさん流の毒舌作法論。現代日本人へ、「品と粋を持て!」と応援メッセージがたくさんあふれている。低俗なテレビ番組が普及して、恥の文化を失いつつある日本人。芸人も金も下品なものなのに、上にみられるようになった。相手に対して失礼のないように最低限の作法を知る。その作法にしたがって動くから品が出る。上品とは粋の領域、かっこいい生き方。自分ばかりを優先するのではなく、「相手を喜ばせよう」とする心を持とう。それも、さりげなく。それが上品なのだ。

  • 日本の仏教由来の概念、品。いろんな社会現象があるけど、品っていう概念を礎に考えれば、大切なことって何かみえてくると思いますー。たくさんの人に読んでほしい本。軽い内容だからさくっと読めるし。

  • 人に対して気を遣うこと。その全て。

  • 本が人に触れさせてくれた

    と、実感出来たほん。

  • 一度ほかのたけしさんの本を読むとそれと似ているなあという感じ。
    書いてある内容はほぼ一緒。どれか一冊を読めばいいのかな。
    それを思うと、これが最初の一冊で
    あったほうがいいかもしれない。

  • 粋について、品について書いている。
    たけしさんらしい内容。
    粋であるとか、品があるというのは、自然にできるものではなくて、教育してもらうか、周りに粋な人や品のある人がいないと身に付かないんだろうと思う。
    仲の良い間柄ほど、品性を欠きやすい気がするので、むしろそういった間柄の人達にこそ品を欠いてはいけないような気もする。
    何にせよすぐ身に付く物ではないらしい。

  • 北野武の考える、品と粋について。
    粋って何だろうって考えたことがあったので、より面白かった。オカネの使い方に粋かどうかがでる。確かに。
    2015.12.20

  • 買おう。

  • いまいち納得できない部分がいくつかあった。うーん…

  • たけし流、品、粋、作法。
    笑える話がいくつかある。

    『人の喜ぶ姿を見て、それを自分の喜びとし けっして人にそれを気付かせないこと』

全37件中 1 - 10件を表示

ビートたけしの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 春樹
池井戸 潤
高野 和明
伊坂 幸太郎
デール カーネギ...
北野 武
村上 春樹
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

下世話の作法 (祥伝社黄金文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

下世話の作法 (祥伝社黄金文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

下世話の作法 (祥伝社黄金文庫)の単行本(ソフトカバー)

下世話の作法 (祥伝社黄金文庫)のKindle版

ツイートする