間違われた女 (ノン・ポシェット)

  • 40人登録
  • 3.29評価
    • (1)
    • (5)
    • (14)
    • (1)
    • (0)
  • 8レビュー
著者 : 小池真理子
  • 祥伝社 (1988年8月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (301ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784396321048

間違われた女 (ノン・ポシェット)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 先が読める展開だったけど、最後はどうするのかは作者しだいって感じの話だった。だから、意外と引き込まれたな。間違わられたって、いろいろなんだな~て事か。

  • 妄想に走る児玉秀実。間違って標的にされた雅子。朴訥な佳江と秀実が知り合ったことで、秀実は現実を生きていけるのかと思ったが運命の悲劇。また、亜紀子と夫が、自分達が渦の真ん中にいたのにまったく変わりない日常を送るのも運命か。

  • 男の狂気
    といった方がしっくりする。

    最初は間違われた女が軸だったけど
    徐々にはずれていいたような感じもしつつ・・・

    確かにみんな間違われた女なんだけど・・・

  • 別に交差しなくてもよかったんじゃないか?と思えるくらい。
    伏線が遠すぎる感じがした。
    でも、ジワジワくる怖さは中々のもの♪

  • 小学校のときに読んでこわかった。
    でも、最後に彼が救われたのはちゃんとわかったんだ。

  • 忘れた

  • サスペンス長編。

  • 突然舞い込んだ「愛の手紙」間違った愛情に目覚めた男の心理が怖いです。

全8件中 1 - 8件を表示

小池真理子の作品

間違われた女 (ノン・ポシェット)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

間違われた女 (ノン・ポシェット)を本棚に「積読」で登録しているひと

間違われた女 (ノン・ポシェット)はこんな本です

ツイートする