霊(たま)の柩〈下〉 (祥伝社文庫)

  • 55人登録
  • 3.61評価
    • (4)
    • (6)
    • (13)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 高橋克彦
  • 祥伝社 (2003年4月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (407ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784396330989

霊(たま)の柩〈下〉 (祥伝社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 竜の柩に続く作品。現在の日本に戻ったつもりが大正時代だったことから話は始まる。
    もうこの上下巻はメインがタイムスリップファンタジーとなっていて、謎や冒険的な要素は薄まってしまっている。
    しかし、やはり引き込まれることは変わりなく、一気読みである。
    1919~1920の大正時代の日本やイギリスの様子が楽しくて、宮沢賢治や江戸川乱歩やコナンドイルに会うところなどわくわくした。
    死後の世界や魂のありようなどは考えさせられる。
    このシリーズがこれで完結なのはさみしすぎる。

  • 初読
    ロンドンに到着した一行は幽霊が出ると言われる館に宿泊することになるが、そこで待ち構えていた悪霊の正体が実は・・・。
    竜の柩シリーズ、最終編。間違った時代に送り込まれてしまった主人公たちは、自分たちの時代に戻ることを目的として、霊との会話を試みるためにロンドンに到着する。タイムマシンパラドックスにより元の時代とのズレが発生してしまう。はたして、現代に帰ることが出来るのか。
    テンポ良く読ませる作品。読後感もなかなか。エンタメとして、楽しませてくれる一作。

  • 通常同じ著者の作品を数冊続けて読むと文体に飽きてくるのだが…。
    ぐいぐい引き寄せられて一気読み(笑)
    いい年をしたおっさんたちがパラレルワールドにはまりこんでしまうとは普通は考えつかない(笑)

  • 竜の柩の続編。九鬼虹人ほかの面々が大正時代の日本へ、そして幽霊を求めロンドンへ・・・タイムマシン

全4件中 1 - 4件を表示

高橋克彦の作品

霊(たま)の柩〈下〉 (祥伝社文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

霊(たま)の柩〈下〉 (祥伝社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

霊(たま)の柩〈下〉 (祥伝社文庫)のKindle版

ツイートする