なみだ研究所へようこそ!―サイコセラピスト探偵波田煌子 (祥伝社文庫)

  • 191人登録
  • 3.31評価
    • (9)
    • (21)
    • (65)
    • (7)
    • (0)
  • 30レビュー
著者 : 鯨統一郎
  • 祥伝社 (2004年1月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (313ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784396331436

なみだ研究所へようこそ!―サイコセラピスト探偵波田煌子 (祥伝社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 多作な鯨統一郎は当たり外れがあるけどこれはいい。ミステリとしてはトンデもこじつけネタが多いが、ちょっと変わった主人公のやりとりが絶妙で、他では味わえないおもしろさ。連作なのに終わりもすっきりまとまって、今後のなみだ先生の活躍が楽しみ。読んだらおいしいお茶と和菓子が食べたくなったyo。

  • どこまで本当の精神分析の適用された推理なのだろうか…
    とそんなことよりもこの前に読んだフロイトの後が偶然この本を読んだ事に驚き‼︎

  • 3

  • 今まで読んだ本の中で「バカミス」という言葉が一番しっくりきました。「その解釈には無理があるんじゃないの」と思うところは多々あれど、ネタだと思えばそこまで気になりません。

  • 新米臨床心理士・松本清が新しく働くことになったのが、メンタル・クリニック「なみだ研究所」。
    ただ、所長の波田煌子は言ってることはとぼけてるし、精神分析の知識も極めてあやふや。松本はいつも煌子の診療に不安を抱くものの、不思議なことにそんな煌子はいつも患者の心の悩みをピタリと言い当て、病を治してしまう。

    メンタル・クリニックを舞台に、精神分析やサイコセラピーの知識を使ったミステリ。
    一話完結の短編が連なってなみだ研究所の物語になっています。
    精神分析の知識を使った一般的な見立てと、それをひっくり返す煌子の見立ての二重構造が毎回のパターン。筆者の作品は他にもいくつか読んでいるが、長編よりもこういった縛りをいくつも設けた中で短編を重ねていく方が向いているように思います。ちょっと無理があるかな? というのも無いわけじゃないけど、制約の枠内で話をまとめる技量は毎回スゴイと思わされます。

    さくっと読めて、読後も爽やか。短編集なので気軽に読めるのもオススメポイントです。
    それにしても、鯨統一郎は作品の幅が広いわ~。

  • 波田煌子シリーズの第一弾。
    サイコセラピストと探偵というトンデモな設定が良いです。
    残念ながら実際のメンタルクリニックはこんな感じではありませんが、憎めないキャラクターがこの無鉄砲な設定を容認させているんだと思います。
    波田先生のトンデモな推理も可愛くて面白くてちょっとほんわかする推理小説(?)です。

  • 鯨先生の色々な言葉が最後にすべてつながる世界です
    素人の先生を批判する若きマツモトキヨシ
    であるが、問題の本質を解きほぐし、解決するのは
    やはりナミダキラリ先生なんですよね~

    絶対面白い!

  • メンタル・クリニックの波田煌子は、
    患者の心の悩みをずばりと言い当てる。
    ミステリ的な心理カウンセリング。

    これぞ心理学と探偵を混ぜた現代の風刺。
    煌子のような先生がいてくれたら、
    日本は神経症から救われる。

    涙があふれる。。。。。。。。。。

  • 以前にMZさんから借りた鯨さんの本で邪馬台国、、、世界の七不思議的な本はいまいちだったけど、これはだいじょうぶだよといわれてて、、、
    最初は、あのオチがどうも理解できなかったけど、最後の2・3話はおもしろくおもえたー。

    続編もあるみいたいだけどよんでみてもいいかなとおもった。

    いぜんからくらべると拒否度はうすくなったな。

  • 感想はブログにて。

全30件中 1 - 10件を表示

鯨統一郎の作品

なみだ研究所へようこそ!―サイコセラピスト探偵波田煌子 (祥伝社文庫)を本棚に登録しているひと

なみだ研究所へようこそ!―サイコセラピスト探偵波田煌子 (祥伝社文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

なみだ研究所へようこそ!―サイコセラピスト探偵波田煌子 (祥伝社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

なみだ研究所へようこそ!―サイコセラピスト探偵波田煌子 (祥伝社文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

なみだ研究所へようこそ!―サイコセラピスト探偵波田煌子 (祥伝社文庫)はこんな本です

なみだ研究所へようこそ!―サイコセラピスト探偵波田煌子 (祥伝社文庫)の新書

なみだ研究所へようこそ!―サイコセラピスト探偵波田煌子 (祥伝社文庫)のKindle版

ツイートする