覇商の門 (上) (祥伝社文庫)

  • 42人登録
  • 3.95評価
    • (7)
    • (6)
    • (6)
    • (1)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 火坂雅志
  • 祥伝社 (2004年1月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (477ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784396331474

覇商の門 (上) (祥伝社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 今井宗久が大和今井町から堺へ出て、そこから商人としてのし上がっていき、最後は織田信長共に天下を目指すさまが書かれています。
    もちろん、天下とは天下一の商人という意味です。

    宗久は当時もっとも茶に通じていた武野紹鴎の弟子であり、娘婿であったため、茶人の知り合いも多く、茶器の名前などもよく出てきます。信長に献じた茶器や、松永久秀が降伏したときの茶器など、いろいろ出てきて興味深いです。

    ↓ ブログにも書いています。
    http://fuji2000.cocolog-nifty.com/blog/2008/02/post_a7ec.html

  • 戦国の世の「天下三宗匠」のひとり今井宗久を主人公とした本。一代で堺の豪商にのし上がった彼は、茶の湯をビジネスの手段として見て、無一物から成り上がったとしています。そして信長とともに既成勢力を破壊していく苛烈な生き方を描いています。

    2008.3.27読了

  • 戦国時代の豪商今井宗久の一代記。
    武将中心になりがちな戦国時代の小説で数少ない商人を主人公にした物語です。

    戦国時代の商人と武将の関係を見ていて、古今東西権力者と商人の関係って余変わってないんだなと思ってしまいました。(笑)

    文章が簡単で読みやすくはあるのですが、その分書き込みが少なく軽く感じてしまいました。

    電車の中の時間を使って読むのにはいいのかもしれませんね。

全4件中 1 - 4件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
司馬 遼太郎
和田 竜
有効な右矢印 無効な右矢印

覇商の門 (上) (祥伝社文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

覇商の門 (上) (祥伝社文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

覇商の門 (上) (祥伝社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

覇商の門 (上) (祥伝社文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

覇商の門 (上) (祥伝社文庫)はこんな本です

ツイートする