悪魔のトリル (祥伝社文庫)

  • 72人登録
  • 3.05評価
    • (1)
    • (2)
    • (16)
    • (3)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : 高橋克彦
  • 祥伝社 (2007年2月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (286ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784396333324

悪魔のトリル (祥伝社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • タイトルと表紙が一番怖い。 『飛縁魔』のパターンが好き。ちょっとだけエロいのも嬉しい。 『妻を愛す』は好きな内容やけど怖くない。 『卒業写真』は恋愛モノのオムニバスに入ってても違和感無いと思う。 『眠らない少女』『悪魔のトリル』『陶の家』を含めた全6編の殆どが定番の内容やから途中でオチが分かる。でも、その定番こそが怪談やと思うので別に悪くはない。 全体的に読み易いので、少しだけ怖いのんを読みたいと思う人にオススメです。

  • 読了。

  • 書店にて立ち読み。
    内容はさすがの乱歩ファンというだけあって、猟奇さにおいてはそれが好きな人にとっては満足のいくものでしょう。
    ただ、やはり現代的な匂いがして、薄暗さにかける感じがしたためか、どうしても猟奇的な美しさとか未開化さとかを感じることは出来ませんでした。

  • 昭和四十年代まで『衛生博覧会』という見世物があった。ビーカー詰めの奇形動物の死体や、残酷事件の写真。そして様々な人体模型・・・
    わたしは、その特別室でトランクに詰められた少年のバラバラ死体の蝋人形を見る。本物と見紛うばかりのその美しさに、わたしは感動を覚えた。

    あれから二十年、とあるスナックで博覧会の小屋主と再会した私の聞いた真相とは・・・


    短編六話からなる文庫本です。
    最初に載っていたあまのじゃくをモチーフとした『眠らない少女』は、グロい場面があり内容的にもあなり良いとは思わなかったんですが、表題になっている『悪魔のトリル』は良かったです。いったんほっとさせておいてからもう一度ひっくり返す手法はわりと好きです。
    後の話は、あまり私の恐怖の嗜好とはあわなかったかな

  • ホラー

全5件中 1 - 5件を表示

高橋克彦の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印

悪魔のトリル (祥伝社文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

悪魔のトリル (祥伝社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

悪魔のトリル (祥伝社文庫)はこんな本です

悪魔のトリル (祥伝社文庫)の文庫

悪魔のトリル (祥伝社文庫)の新書

ツイートする